山崎オーナーズカスク for ペニンシュラ東京 2007

image

山崎 The Owner’s Cask for The Peninsula Tokyo 2007 62%

香りは濃厚なビターカカオ、イチジクやレーズン、良いシェリー樽の気配がしっかりと出ており、色の割に出汁醤油などのフレーバーは感じない。

味わいはまずトロッとした濃厚なレーズン感の滑り出し、チョコレートデニッシュ、トフィーなどの甘さが、落ち着いた厚みのあるボディと共にやってくる。フィニッシュは長く、少しクローブのようなスパイス感を伴ったカスタード様が続く。

【Very Good/Excellent】

先日の持ち寄り会にて呑ませて頂いた、都内のホテル ザ・ペニンシュラ東京が選んだ山崎オーナーズカスク。現在は完売してしまったそうですが、ホテル内で実際に売られていたそうです。オーナーズカスク自体は知っていましたが、そういうのもあるんですね。

これは本当に驚くほど美味でした。高貴なシェリー感がここまで出ているカスクものというのは、山崎の中でもほとんど無いのではないでしょうか。度数が62%もありますが、最初は48%くらいの印象で、かなりスルスルと呑めてしまうため知らないうちに酔いがまわってしまいそうです。グラスの残り香もカスタードなどのいい香りがずっと続いてくれて、呑み終わっても30分くらいはそれだけで楽しめると思いました。

ペニンシュラ東京が自身を持って選んだ、と言われれば納得のボトル。貴重なボトルをありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中