ローズバンク 15年 1980年代前半流通 ゼニス イタリア向け

image

Rosebank 15yo Sole Agent & Importer  Zenith Italia 61%

香りはいきなり強烈に広がる花の香り、少しオールド感のような高貴なニュアンスを伴っている。プラム、リンゴなどの果実感、ハッカのようなハーブ感、ワクシーなニュアンス。

味わいは、こってりとした濃厚なリンゴがオイリーなニュアンスと共に立ち上がる。シナモン、凝縮された麦の甘さ、多彩なフルーツ感、バナナケーキ、カスタード・プディング、カラメルやビターなチョコのニュアンス。鼻抜けから奥に薄めの紅茶の香り、少し甘味噌のような不思議な感覚あり。フィニッシュまで甘めであまり長すぎずすっと終わる。

【Very Good】

イタリア向けのローズバンク、これはオフィシャルだったでしょうか。80年代前半流通の15年ものということで、蒸留年は60年代後半ということになりそうです。61%とかなりのハイプルーフですが、突き刺すような感覚は少なく、しっかりとしたボディの強さに繋がっているような印象でした。のっけから香りが濃厚で、良いオールドボトルらしさというのでしょうか、シェリーではないものの高貴な香りが楽しめました。一方、味わいは甘さの中にしっかりとした麦感があり、若々しくはないものの長熟では出なさそうな良い麦の味わいを楽しむことができました。このバランスの良さは本当に素晴らしかったです。

このボトルはラベルのインパクトが大きいので、バーに行って見かけると「おっ、あれは……」と思うのですが、これまで呑んだことはありませんでした。素晴らしい味わいはラベルに負けていないですね。度数が異なるもの、年数が違うものなどもいくつかあるみたいなので、機会があればまた呑んでみたいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中