プルトニー 1990年 キャンベルタウン・ロッホ向け

Old Pulteney 1990 23yo Cadenhead Small Butch for Campbelltoun Loch 55.8%

香りは良い熟成を感じるフルーツで、少しトロピカルっぽさやベリー系のニュアンス。ヘザーハニーのようなフローラルかつ糖蜜の甘い香り。少しツンとアルコールが立ち上っており、活き活きとしている。少し草のニュアンスがあり、時間とともにアーシーな複雑さも開いてくる。

味わいは、トフィー、ベリージャムなどのしっかりとした甘味。ミドルから少しオイリーさがあり、徐々にクリーミーなニュアンスに変化する。ミドルからフィニッシュにかけて軽く塩見とじんわりとしたスパイス感があり、フルーツとともに余韻が長く残る。

【Good/Very Good】

有楽町のバー、キャンベルタウン・ロッホさん向けに詰められた、ケイデンヘッドのプルトニーです。スモールバッチシリーズは結構評判が良い物が多いですが、このプルトニーも出来の良さが伺え、流石に抱負な原酒を抱えているらしいことが伺えます。

そしてこのプルトニー、1990年代の良いプルトニーのお手本と言えるでしょう。全体的に塩気が少し控えめではありますが、プルトニーらしい甘さとブリニーさのバランス。23年という長熟に差し掛かってきた良い熟成感が出ており、複雑味もある一方で活き活きとした若さも持っており、良い仕上がりになっています。このあたりはプルトニーのハウススタイルと言って良いのでしょう。オフィシャルでもボトラーでも、しっかりと一本スジの通ったブレない所が、自分がプルトニーを好きな理由でもあったりします。今後も期待できる蒸留所ですね。

この一杯はキャンベルタウン・ロッホさんで頂きました。マスターに色々と話を伺うことができましたが、実際のサンプルテイストは随分と前に行われたものだったそうで、かなり長い時間がかかってしまったようです。向こうの人は仕事がルーズというかおおらかというか……(笑)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中