グレンギリー 1975年蒸留 15年 オフィシャル for Jean Boyer

image

GlenGarioch 1975-1990 The First for Us 43% Selected by Jean Boyer

香りはリンゴやイチジク。次いで、糀味噌のような甘さと塩からさを同時に感じる。軽く土っぽさ、火薬のニュアンス。

味わいは、透明感のある洗練された麦の甘さ、植物感が比較的強め。穏やかに広がるピート。燻製用のチップ。ドライトマト、干物のような凝縮した旨味のあるブリニーなニュアンス。

【Good】

グレンギリーが Jean Boyer というフランスのボトラーズでしょうか? 向けに出したオフィシャルボトル。1975年蒸留で1990年にボトリングされたそうですが、何故か出てきたのは2006年という、良くわからないスペックですね(笑)

70年代のグレンギリーは、現在のものと違ってピートやスモーキーなフレーバーが独特だったと聞いています。ほとんど呑んだことが無いため試してみましたが、確かに、今の味わいとは違って結構ピートが効いているようです。アーシーかつドライなニュアンスは、ギリーのハウススタイルのように感じており、このボトルにも共通する部分がありました。

あまり華やかさはなく、どちらかというと地味なモルトですが、グレンギリーというとそういう印象があります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中