ニッカ 余市 シングルモルト12年 現行品

余市 Nikka Yoichi Single Malt 12yo 45%

香りは蜜柑、藁灰、煙っぽさから始まり、段々とリンゴや多彩なフルーツ感が溢れてくる、後半に火薬っぽさも。

味わいは、プラム、イチジクなどの酸味のあるフルーツ。穏やかに下支えするピート、ミドルからバニラ、クローブなどの少し甘い味わい、徐々にアーシーなニュアンス、なめし革、石灰などのミネラル感。フィニッシュはドライ、軽くミーティなニュアンス。

【Good/Very Good】

現行の余市シングルモルト12年。ニッカのシングルモルトは余市の他にも宮城峡がありますね。蒸留所のハウススタイルが出ているかと言われると、日本の蒸留所はとても多彩な味わいを作り出しているため難しいですが、昔からの味わいというのはあると思います。

12年にしては結構な複雑さを備えていますし、フルーツ感もしっかりと出ていて、12年の割にかなりの完成度だと思います。竹鶴と同じく、どちらかというとスムースな飲み口というよりは少しクセがあり、焼酎が好きな人などにもオススメできるボトルなのではないでしょうか。

現行シングルモルトのスタンダードですが、この価格帯でいい出来映えにしなければ淘汰されてしまう。そういう意味でも本当に注力しなければならない分野かもしれません。メーカーの意地が垣間見えるボトルです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中