ジョニーウォーカー 黒ラベル 1970年台流通品

Johnnie Walker Black Label in 1970’s

香りははっきりとオールド香とも云うべき年代を経た独特の香り。紅茶、ジンジャー、微かにアーシーで重油のようなオイル感、インキっぽさもあるがオフフレーバーとは感じない、軽く火薬、オレンジ様のフルーツ感も奥に潜んでいる。

味わいはカラメル、トフィー、さくらんぼのようなフルーツ感も。ビターチョコ、フィニッシュにかけて少しタールのようなピート感。全体的にさらっと流れ、フィニッシュまで軽い。

【Very Good】

ジョニーウォーカーの黒ラベル。取り扱いはコールドベッグ、760mlの43%、特級表記。このボトルは1970年代後半の流通品と思われます。逆算すると、蒸留年は60年代後半から70年ころになるのでしょう。

香り立ちはいわゆるオールド香が満載で、この香りは個人的にはかなり好みの部類に入ります。スワリングしてひたすら香りを楽しむだけでも良いぐらいで、グラスの残り香まで楽しめます。一方、味わいはこのボトルはあまり状態が良くなかったのか、骨太な印象は感じず線が細いです。嫌味な所はほとんどありませんが、昔の原酒が持っていたパワフルな部分というのはあまり感じられません。

ちなみにこのボトルと現行のジョニ黒を、普段日本酒ばかり呑むグループに試してもらったところ、どちらが好みかというのは本当に人それぞれで半々くらいでした。どちらが古いものかというのもブラインドで試してもらいましたが、こちらも半々くらい。本当に、酒は嗜好品で好みは人それぞれですね。それでも、違いはほぼ全員が認識していたので、やはり別物ということは言えると思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中