プルトニー 15年 1991 オフィシャルボトル カスクストレングス

image

OldPulteney 15yo 1991 (OB Cask Strength 54.9%)

香りは爽やかな柑橘系や梅、プラムのような酸味のある香り。少しこもったようなミルキーなニュアンス。ワクシーさ、少し塩っぽさ。

味わいは梅、オレンジなど酸味があり、少し落ち着いたフルーツ感。ミドルでややオイリーなニュアンスが出たかと思ったら、すぐにブリニーかつスパイシーな味わいが口の中を覆う。やがて強いアルコール感からくるヒリヒリとした熱い感覚とともにマーマレードのような甘さ。フィニッシュにかけてかすかに粉っぽい凝縮された甘味と、ほんの微かにピートの苦味のようなものが残る。

【Very Good】

オールドプルトニーのオフィシャルから出たカスクストレングス。91年蒸留の15年モノなので市場に出回っていたのは結構前になりますが、ついこの前、たまたま見つけて買うことができました。

90年代のオフィシャル、カスクストレングスということで、安定した美味しさが期待できるプルトニーですが、こちらのボトルも大きくブレはなく、大きく突出してはいないものの平均以上で美味しいプルトニーでした。トップノートの少し酸味のあるフルーツ感、ミドルのブリニーさはプルトニーに共通するニュアンスです。後半のスパイシーさ、ブリニーさが他のボトルよりも際立っている印象で、ベタッと甘すぎないモルトを求めている方にはぴったりだと思います。

カスクストレングスは、オフィシャルボトルでも特別なものという印象がありますが、こちらのボトルもそれなりに力を入れてしっかりしたもの、そして蒸留所の特徴が出ているものを出そうとしたように思えます。こういったボトルがオフィシャルからもっと出て欲しいですし、日本向けにもいろいろと出してもらいたいものですが……。色々な関係で難しそうなことをよく聞きますが、ある意味夢がありますので、今後に期待したいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中