トマーティン オフィシャル12年 旧ラベル

Tomatin DB 12yo 43%

香りは熟れた黄桃、軽く麦、緑茶、清涼感のある葉。複雑さはあまり無いが、安っぽさも感じない。

味わいは、まずスッと流れるような砂糖水、じんわりとやはり桃のようなフルーツ感。ミドルから後半にかけて、少しピートっぽいような土のニュアンス、続けてスパイシーでピリッとした感覚が舌に広がる。度数よりも高めに感じるが、ボディがあるというよりは荒い。フィニッシュにかけてもドライで熱い感覚。

【Good】

トマーティンのオフィシャルボトル12年。現行よりもひとつ前のラベルでしょうか。5年くらい前のものだったかと思います。

全体的にプレーンな印象ではあるのですが、香り、味ともに黄桃のようなフルーツ感が感じられ、嫌味なニュアンスがほとんど無いため好印象でした。ドライでスパイシーな方向ではあるものの、フルーツ感と混じって良い塩梅に感じられます。

トマーティンというと、有名なヴィンテージでは1976年がとても印象的ですが、あちらも桃や南国系フルーツのフレーバーが出ていたとと思います。今回のオフィシャルでも、うっすらとではありながら似たようなフレーバーがあり、ハウススタイルのひとつなのかもしれませんね。

ライトタッチでも満足感があり、スタンダードかつ完成度の高いオフィシャルボトルだと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中