ブラインドサンプル from とぅーるさん (2)

image

さて、とぅーるさんからのサンプル、もう一本の方です。

【sample B from とぅーる】

香りは石灰、大理石? 粘土などとにかく石を感じさせるミネラル感。ロウソクのようなオイリーさ、奥に微かに白桃。薄めの蜂蜜。じっとり湿った布。少しバターのようなニュアンスも感じる。

味わいもまずはミネラル感。香水のようなニュアンス。薄めたオレンジジュース、風邪薬シロップのような人工的な甘さ。バター飴、キャラメルっぽさが少し。ミドルからフィニッシュにかけては樽由来と思われる渋みを少し感じる。フィニッシュは短い。

【Okay】

香りからとても不思議なニュアンスで、味わいもどこかケミカルというか人工的に創りだしたようなところが印象的。正直、ここまで不思議な味わいは今まで経験が無いと思う。ミネラル感はピート由来なのだろうか。

若々しいかといわれるとそうとも思えず、かといって熟成感があるわけでもない。かなり昔に詰められた短熟ものなのでは、と推測。加水ボトルだとは思うが、オフィシャルのヴァッティングかブレンデッドなのだろうか。正直ほとんど不明……。

【予想蒸留所】①グレンギリー ②グレングラッサ ③リトルミル
【蒸留年】1980年代
【熟成年数】12年程度
【度数】43%程度

以上の予想でメールをお送りしたところ……。

ミルトンダフ
MiltonDuffGlenlivet 12 yo (43%, OB, Square bottle, Italiy, litri 0,750)

ミルトンダフのオフィシャルボトル、1980年代頃のものでしょうか。
頂いたコメントでは、短熟らしい麦感とボディは軽いがしっかりとした旨味、シンプルながら良いバランス、とのことでした。

なんだか自分のコメントと随分と違うな……と思いつつも、残っていたサンプルを改めて飲んでみたところ、味が全く違っていて自分でもわけが分からなくなりました。何かグラスに付いていたか、体調か……。小瓶では輸送中の影響も結構あるとのことで、万全の状態ではなかったのかもしれません。

ミネラル感はやはり感じるものの、ケミカルなニュアンスはほとんどありませんでした。素朴な旨味がある、という部分も納得です。

今回のサンプルふたつ、結果はどちらも惨敗でしたが、度数と熟成年数はほぼピッタリという。その辺りを捉えるのは結構できるようになってきましたが、やはり蒸留所の個性とかそういうったものを体系的に捉えるにはまだまだ経験不足ですね。

今回も良い勉強になりました。とぅーるさん、ありがとうございました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中