アイリッシュ シングルモルト 25年 1988 The Whisky Agency

Irish Single Malt Whiskey 25yo 1988 (The Whisky Agency “Old Times Diving” Matured in Barrel 51.1%)

香りは少しヒネのような古い布のような独特のニュアンス、土っぽさとはちょっと違うような……。不思議な感覚。途中からグレープ、ローズマリーのようなハーブ感。薄く流れるような蜂蜜のニュアンス。

味わいは、熟れたリンゴから始まり、とても濃厚なパッションフルーツ、やがてマンゴスチンのような少し酸味のある南国フルーツ感も出てくる。ミドルに麦の甘さと少し清涼感のあるハーブ、再度パッションフルーツ。フィニッシュにかけてもひたすら南国感が支配的で、濃厚かつ長い。

【Very Good/Excellent】

ボトラーズのTWAから2013年にリリースされたアイリッシュ・ウイスキー。こちらは Bar 無路良 さんで頂きましたが、マスターの話によると中身はブッシュミルズではないかということです。

香りをかいだときには少しパッとしない印象、というか良くわからない、自分の知らない香りのような感じだったのですが、一口味わった瞬間にそんな印象は一気に持っていかれました。やや粘性のある強すぎないアタックから一呼吸おいて、爆発的に広がるパッションフルーツのフレーバー。とにかくこれが濃くて甘やか。その後少し酸味があるフルーツ感が出てきて、自分はこれをマンゴスチンのようだと感じました。全体的に南国フルーツ感が強く印象に残ったボトルです。

正直、アイリッシュですと出されて「どうかな?」と思ってしまったのですが、このボトルはそんなイメージを一気に覆してくれました。ここ最近、幾つかアイリッシュのシングルカスクがボトラーズから出ていますが、どれもかなり高評価なようですし、同じようにフルーツ感がしっかりと乗っているという傾向もあるようです。非常に素晴らしいのですがただ一点、アイリッシュは全体的に価格に難ありですが……。もうちょっと安ければ、と思ってしまうのは虫が良すぎますかね。

スコッチが人気で原酒不足となる中、アイリッシュや台湾、その他の国のウイスキーが台頭してくる良いチャンスなのかもしれませんね。ウイスキー戦国時代の幕開け、となるのでしょうか。とにもかくにも、アイリッシュは今後も注目株になりそうです。

広告

アイリッシュ シングルモルト 25年 1988 The Whisky Agency」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ピーテッド アイリッシュ シングルモルト 1991 ウイスキードリス | 酒は人生の妙薬

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中