ボウモア 10年 OMC for Bar 無路良 10thアニバーサリー

Bowmore 10yo 2000 (Old Malt Cask for “Bar 無路良” 10th Anniversary Sherry Butt)

香りはなめした革、バター、潮のニュアンス、スターアニスやクローブのような甘さも感じるスパイス感、ワイルドカルダモンのような少し土臭い香り。

味わいはカラメル、ビターカカオ、ミント系のハーブ、ピートは控えめ、ブリニーなニュアンス、ミドルからアプリコットやオレンジ、全体的にドライでスパイシー。フィニッシュにかけてもブラックペッパーのようなスパイシーさとシェリー感が複雑に絡む。

【Good/Very Good】

Bar 無路良さんの10周年記念で詰められたOMCのボウモア10年です。2000年代に入ってのシェリーカスクのボウモアですが、フルーティさは若干控えめで、樽の影響と思われるカカオのニュアンスや、原酒の持つブリニーさが主張してくるようでした。全体的にパワフルな味わいですが、ニューポッティという感じはしませんでした。口開けだったためまだ開ききっていないと感じましたが、安定して美味しい近年ボウモアといった感じでした。

最近のボトラーズ向けのボウモアでシェリーカスクは結構貴重なのではないでしょうか。近年の世界的なウイスキーブームのおかげで、ボウモアも原酒不足が叫ばれていると聞きます。そんな中でこのスペックを引っ張ってこれたのはとても素晴らしいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中