グレンリベット 30年 1982 for 洋酒キンコー

GlenLivet 30yo 1982 ( for KINKO 44.4%)

香りはとても瑞々しい花の香り、トースト、炒った麦の香り、キャラメル、微かにプラムのニュアンス。

味わいは透明感のある麦の味わい、濃厚なキャラメル、バニラの効いたケーキ、やや粘性のあるテクスチャではあるが、トータルでは軽い仕上がり。鼻抜けから香り同様のフローラル感が心地良い。フィニッシュはさらりと流れて短め。

【Good/Very Good】

九州にある酒屋のキンコーさんが詰められた、グレンリベットの30年熟成です。
ラベルに桜の花があしらってありますが、香りを嗅いだ瞬間に納得しました。とても良いフローラル感が出ており、華やかで明るいイメージを持たせてくれます。ボトルの意匠とも相まってとても面白いですね。

熟成している、というよりは瑞々しさの方がイメージが強かったですが、サラリと流れるような軽めの味わい、良いバーボンカスク系の甘味がしっかりと出ていて、嫌なところがなく構えずに飲めるボトルだと思います。この辺はリベットならでは、というところなのでしょうか。蒸留所の個性はほとんどわからない、むしろ個性がないのが個性とも言えそうですが、安定して美味しいモルトを提供し続けられるところは流石ですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中