ブラインドサンプル from 銀牙さん (B)

銀牙さんからのブラインドサンプル。続いては2本目。

image

【ブラインドサンプル from 銀牙さん (B)】

香りはモワッと立ち込める酪酸系の香りが支配的、牛乳を浸した布のニュアンス、クレヨン、特にそのオイリーな部分が顕著、白い花の香りを凝縮したような香水系のニュアンス。

アーシーで金属的な味わい、じんわりと広がる落ち着いたピート、全体的に流れるように軽い、枯れた草、燻した灰、放置した雑巾。フィニッシュにかけても少し苦味を伴うオイリーさが残る。

【Bad】

香り、味ともにとても特徴的なサンプルで、正直なところ、全体的にオフフレーバーとして捉えてしまった。最近のものでは逆にこのような味わいを出そうとして出している蒸留所やブランドはほとんど無いと思われるのだが、オールド的な要素はあまり感じられないため、かなり悩んでしまった。新興の蒸留所のものという可能性もあるが、その場合はもっと若々しい部分が出てくると思うので、そういった点は感じられないことから除外。

かなりマイナー系のブレンデッドだろうか。金属系キャップのボトルで、イメージとしてはキャップの風味が中身に移ってしまっているのではないかと勝手に推測。もしくは、少し前のオフィシャルの10年程度。イメージとしてはグレングラッサあたりでちょっと変にこじらせてしまった系か、インチマリンあたりの珍味系などだろうか。

すみません、ちょっとこれは個人的に受け付けられませんでした……。

【予想蒸留所】①グレングラッサ ②インチマリン ③オールドブレンデッド 銘柄不詳……
【蒸留年】1980年代
【熟成年数】10年程度
【度数】40-43%

上記の内容でメールをお送りした結果……。

image

image

ラフロイグ Laphroaig 10年(OB) 80年代後半流通 40%

まさかのラフロイグ裏蒸留所ラベル。このボトルは話には聞いていたものの飲んだことがまだ無かったのですが、これはヒドイ結果になりました(苦笑)

ラフロイグは苦手なものもありますが、もちろん美味しいと思うものも結構あります。しかし、結構絶賛する人が多いこのボトルに対して、まさかこんな結果を出すことになるとは、自分でも驚いています。

ピート香よりも前に酪酸系の香りを捉えてしまって、それが離れませんでした。香りと味は別物かもしれない、と思って飲んだものの、どうも口から鼻に抜けてくるフレーバーに同様の傾向があって、これがもうダメでした。オフフレーバーを一度捉えてしまうと、なかなかそこから抜け出せないですね。

言われてみれば、確かにらしいピート香も含めて全体的にラフロイグの傾向は感じられなくもないのですが、現行ともかなり違いますし、あまりフルーツ感としては捉えられなかったです。残ったサンプルを改めて飲んでみたところ、確かに味わいは粉っぽさを感じる柑橘系のニュアンスはあるような気がするのですが、あまり特徴的なものとは捉えられないようです。この辺は経験の無さによるものかもしれません。

銀牙さん、貴重なものなのにこんな結末で大変申し訳無いですが、懲りずにまたよろしくお願いします(汗)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中