アラン 16年 オフィシャルボトル

image

The Arran Malt 16yo (Official Bottle 46%)

香りは青い草、塩気の強いバター、甘いバニラ、焼きたてのスポンジケーキ、カステラのようなイメージ。

味わいは濃厚なバタースコッチ、ヌガー、徐々にスパイシーさが出てくるが強くはない、後半に穀物系の甘味、さつまいも、栗、最後に煮出したあずきのように、甘さと少し渋みを感じる。

【Good】

2013年にリリースされた、このときのアランモルトの最長熟成16年ものです。2014年には17年を、2018年には18年がリリースされるということで、16年はこの時だけのものだそうです。将来の計画がしっかりしているのですね。

バーボン樽のフレーバーがしっかりと出ており、一方で原酒由来なのか、さつまいもや栗のような穀物系の味わいが面白いです。あまり嫌なニュアンスは多くなく、突出した部分は無いながらも安定した味わいを楽しめるボトルだと思いました。

オレンジアランなどの良いカスクもリリースしているアラン蒸留所。いよいよ長熟が楽しめるようになってきたということで、今後も楽しみです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中