アベラワー 18年 1994 ワールドワンダース

image

Aberlour 18yo 1994 (Morrison & MacKay “World Wonders” Hogshead 60.9%)

香りはレモン、乾燥した藁、穀物の甘さを思わせる、少しニューポッティさがあり若さを感じる。

味わいはレモン水、流れるような蜂蜜感、微かにイチジク、ミドルからは返りに草のようなニュアンスが含まれる、全体的に軽めだがフィニッシュは喉の奥に暖かさがしっかりと残る。

【Good】

モリソン&マッカイからワールドワンダースというシリーズでリリースされたアベラワー18年です。

度数や熟成年数と比較すると、全体的には若くて軽いタッチのイメージがありました。一方で、アベラワーに期待する流れるような蜂蜜感はミドルからしっかりと出ています。

草のようなニュアンスが少しひっかかるところなのですが、これはどのような成分から来るものなのでしょうか。最近は他のボトルでもよく拾うのですが、個人的には少しオフフレーバー的にとらえてしまっています。紙のニュアンスとも少し違うのですが、そのようなフレーバーの由来を解き明かしていくのは難しいのでしょうね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中