オールドプルトニー 1998-2011 GM Caskシリーズ バーボン樽

image

Old Pulteney GM cask 1998-2011 cask#1055,1056,1057 first fill bourbon barrels 56.9%

香りはレーズン、デーツ、練乳、蜂蜜、奥に爽やかな柑橘系。

味わいは氷砂糖、ヘザーハニーのような甘さから、レモンの爽やかさを経て塩辛さ、軽いオイリーさが現れる。鼻抜けの香りにピート由来?のくすんだ香りも現れる。甘さ、塩辛さ、アルコールからくるスパイス感が適度に残るが、キレが良い。

【Good/Very Good】

GMのカスクシリーズからプルトニー蒸留所の1998年のもの。バーボン樽を3樽ヴァッティングしたもので、そのおかげなのか、あまり嫌味な所が少ないボトルです。もしかしたら、それぞれの個性は強すぎたのかもしれませんね。アウトターンも多くなり、安定した品質を提供してくれると考えれば、数樽のヴァッティングは大いに歓迎できるのではないでしょうか。もちろん、突出した個性というものは無くなってしまいますが。

このプルトニーはオフィシャルの味わいに近い印象があり、プレーンながらもしっかりとした酒質の良さを感じます。90年代のカスクものが美味しいと感じているプルトニーですが、これもその印象をより強めてくれる佳酒だと思います。今後、この酒質で20年や25年などの長熟ものが出てくると思うと、本当に楽しみです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中