カヴァラン キング・カー コンダクター 頂極指揮

Kavalan King Car Conductor (Official Bottle 46%)

香りは白桃のようなフルーティさ、若い木の樽、バニラ感、篭っておらず良く開いている感じ。

味わいは若い草木、ハーブティーのような染みこむ苦味、その後に糖蜜のような甘さ、バニラの利いたクリーム、返りにジャスミンのようなニュアンス、フィニッシュにかけてはヒリヒリとスパイシーさがある。

【Good/Very Good】

台湾のカヴァラン蒸留所から、キング・カーコンダクターと銘打たれたボトルです。このボトルは8種類の異なる風味の樽を用いて熟成させたとのことですが、確かに甘さからスパイシーさ、ハーブ感など多彩な味わいがありました。ベースとなるのはバーボン樽のように思われますが、奇をてらうことがない、とても正統派な一本です。46%という度数は、飲みごたえはありつつスッと流れていくように飲める、とても良いバランスだと思います。

とにかくバランスが良く、基本にして正道、ウイスキー業界に対して直球勝負をしている、そんなイメージがあります。カヴァラン蒸留所のしっかりとした方針が伝わってくるようで好印象でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中