ハイランドパーク ニューメイクスピリット

HighlandPark New Make Spirit Drink (Official Bottle Distilled-2010.02 Bottled-2010.03 50.0%)

香りは焼酎、もわっとする少し乳製品っぽさ、麦の糖分、メンソール、塩気のニュアンス、微かにリンゴ系のフルーツの甘さを思わせる。

味わいはピーティだが若干オイリーでまろやかな口当たり、率直な麦の甘さ、バナナ、ヨーグルトのニュアンス、ミドルから後味にかけて塩気とスパイシーさ、フィニッシュはアルコール感による温かさとメンソールの清涼感があるが、すぐに消える。

【Okay】

ハイランドパーク蒸留所のビジターセンターで売られていたニューメイク・スピリッツ。加水してあるようで、アルコール度数は50%で詰められています。樽熟成は行われていないはずですが、1ヶ月程度は寝かせてあるようですね。

香り、味ともに当然ながらニューポッティですが、味わいはなかなかに複雑さを伴っていて、原酒の良さが伺えます。アタックに感じるピート感や塩気はハイランドパークらしいともいえるのではないでしょうか。

仲間内の持ち寄り会にて、ハイランドパークの某オフィシャルボトルが不評だった後にこれを持っていったのですが、それよりも美味しいという評価が寄せられました(笑) 確かに、この原酒であればポテンシャルはかなりのものだと思います。あとは樽による熟成がどのようになるかですが……。コントロールしきれない部分も多々あるでしょうし、難しいですね。

グラスに注いだ瞬間に、蒸留所で感じることができる麦を糖化した甘い香り、あの香りが押し寄せてきて懐かしい気持ちになります。日本でも蒸留所を訪れたことのある方なら、多分お分かりになると思います。あの感覚を思い出させてくれる、不思議なボトルです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中