山崎 パンチョン カスク 2012 48%

Yamazaki Puncheon Cask 2012 48%

香りは白い花のようなフローラル、少し若さのあるアルコール感、木桶や枡のような香木感はジャパニーズらしさか。麦と微かに乳酸系の香りも。

味わいは軽いタッチの麦の甘さ、さらっとした氷砂糖が溶けたような味わいを感じる。徐々にピリッとしたスパイス感と燻した木や煙のニュアンス、軽いピート様が現れる。さらにバニラっぽい甘さ。フィニッシュはバニラと、少しワクシーというか香木というようなニュアンスで締めくくられる。

【Good/Very Good】

サントリーは山崎蒸留所の2012年に発売されたカスク・シリーズからパンチョン樽のもの。もっとも樽のニュアンスが出にくいであろうパンチョン樽での熟成ということで、原酒の味わいをしっかりと感じることができるのではないかと思います。実際、強い樽感はほとんどなく、微かに感じる木桶などのニュアンスが下支えとして活きている感じです。ベーシックながらなかなかに美味しい、ちょっと通好みの味わいではないかと思います。

後半の香木感というか、サラリとした木の香りがジャパニーズらしさというかサントリーらしさなのでしょうか。ミズナラ樽ならもっと香木感が出るのだと思いますが、パンチョンでもそういったニュアンスがあり、ハウススタイルと言えなくもなさそうです。このシリーズは他の樽(ミズナラ、シェリー、バーボン)とも比べてみたら面白そうですね。近年のサントリーは本当に良い出来栄えのものが多いと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中