キャンベルタウンロッホ 25年

先日のキャンベルタウンロッホ30年を味わったあとで25年物も気になってしまい、モルト仲間のくりりんさんにお願いして少し分けて頂きました。ありがとうございます。

CampbeltownLoch 25yo (SpringBank Distillery “Blended Scotch Whisky” 40%)

香りは熟成感のある甘い麦の香り、イチゴ、酸味のあるベリー系、トフィー、ヘザーハニー、奥に少しアーシーさとミネラル感、軽くコーヒーのニュアンス、全体的に柔らかさを感じる。

味わいはまろやかでオイリーな滑り出し、ラズベリー、ライトタッチな紅茶、流れる様な麦の味わい、ミドルからリコリス、セージのようなハーブ感、草と土のニュアンスが麦の甘さの奥に見え隠れする。フィニッシュは少しオイリーさを伴って長め。

【Good/Very Good】

スプリングバンク蒸留所によるブレンデッド・ウイスキー、キャンベルタウンロッホのこちらは25年物です。頂き主のくりりんさんのテイスティングはこちらで公開されています。結構テイスティング結果は違ってしまっていますね(苦笑)

ブレンデッドということでとても飲みやすく仕上がっており、良い熟成感、嫌味のなさは流石です。様々なフレーバーが折り重なっており、探しているときりがないくらいで飽きがこない味わいはいつ飲んでも楽しめそうな良質のボトルだと思いました。特に麦感、しっかりとした穀物の甘さがあり、染みこむような味わいが良いですね。

同時に30年物も味わってみましたが、25年物の方が紅茶やフルーツ感が少し強いと感じました。芯がある、とも言えますが、30年物の方が円熟し丸みを帯びているようにも感じます。しかし、傾向はほとんど同じです。このあたりはブレンドの巧さが光っていますね。出したい味わいをしっかり作れているように感じます。

一番気になっていた、モルト比率が25年のほうが高いのでは? というのは、正直どちらも同じくらいに感じました。言われてみれば25年物の方が麦感がしっかりしているかもしれませんが、明確に違うとまではいえなさそうな程度です。

今ではほとんど見かけることがなくなった25年物ですが、もし昔の値段で売られていたら間違いなく「買い」でしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中