アードベッグ オーリヴェルデ

Ardbeg Auriverdes (Official limited bottle in 2014 49.9%)

香りはしっかりピート、インキ、熟しすぎた果実感、ローストしたナッツ、チョコレート、奥にミーティなニュアンスもあり。

味わいはクリーミィなアタックから始まり、すぐにサッパリとしたハーブ感に変わる、熟れたリンゴや梨のような果実感、金属質なニュアンス、若い麦のニュアンスとしっかりしたピートで強いボディ、ザラついた木のエグ味と出汁のニュアンスのあるフィニッシュ。

【Good/Very Good】

今年2014年のアードベッグ・デー(5/31)向けの限定ボトルは、ブラジルでのワールドカップを意識した金(Auri)+緑(Verde)のボトルでした。アードベッグはこういうイベントに合わせたボトリングをしてくるので楽しいですね。

樽の鏡板に特別な処理を施したということと、味わいに「コーヒーのような」とあることから、強くチャーを行って独特の風味を出したのではと言われていますね。確かに香り味わい共にチョコレートやローストしたニュアンスを感じることができ、作りたいものを作れる技術力の高さには驚きです。

味は少し若い傾向が感じられますが、アードベッグらしいしっかりとしたピート感や出汁や金属質のニュアンスと、前述の通りローストのニュアンスが入り混じって複雑さがあります。口に残る余韻も長めなので、1杯でもしっかり楽しめるモルトだと思いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中