ニッカ カフェグレーン ウイスキー

NIKKA COFFY GRAIN WHISKY (OB 2013 45%)

香りはリンゴ、酸味のあるフルーツ、クリーム、少しハーブ感のあるバニラ、香木のニュアンスと穏やかな樽の香り。

味わいはバニラ、ヘザーハニー、清涼感のあるハーブ、奥の方に黒糖のニュアンス、焦げた木のニュアンスを伴いながら軽いフィニッシュ。

【Good】

ニッカのカフェ式連続蒸留機で蒸留されたというもので、こちらはグレーン(トウモロコシが主原料)の原酒。

傾向はカフェ・モルトとほとんど同じですが、こちらの方が少しハーブ系のニュアンスが出ているのと、甘味が少し刺激的で舌にピリピリとした感覚を残すようでした。とはいえ、やはりどちらも落ち着いた感じでまとまっており、ライトでスムースな甘味を感じることができるボトルでした。

グレーンの長熟というのもそのうち試してみたいとは思っているのですが、どうしても複雑さや華やかさではモルトの方が面白そうなイメージがあり、なかなか機会がありません。ジャパニーズではなくスコットランドの長熟グレーンなどもいろいろあるので、今度どこかで試してみたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中