ブラインドサンプル from 銀牙さん (2014-09A)

モルト仲間の銀牙さんと不定期にやりとりしているブラインド・テイスティング。今回は一挙に4種類も頂いてしまいました。いつもありがとうございます。

まずはひとつ目。

ブラインドサンプル from 銀牙さん (A)

香りはすこしくぐもった甘い果実、バナナ、黄桃、良い果実感が広がる、少しワクシー、少し乳製品のニュアンス、バター、蜂蜜のニュアンス、微かにレザー感、湿った土

味わいは穏やかなアタック、蜂蜜のような甘さ、柑橘系の味が乗ってくる、少しグレープフルーツとその皮のニュアンス、染みこむような麦の味わい、ミドルからスパイシーさが出てくる、ペッパー、ジンジャー、クローブのような甘さ、落ち着いたアーシーさを伴ったフィニッシュ。

【Good/Very Good】

香りはとても良いフルーツ感と、若干のワクシーさ、オイリーさのようなニュアンスがある点が特徴的。バタースコッチのような魅力的な甘さが香る点が好印象です。一方、飲むとそこまで果実感に支配されておらず、少し柑橘の皮のような甘さと渋さが同居するようなニュアンスがあり、後半はスパイシーさが目立ってきました。

若さは感じないが控えめなアタックから度数は低いものの、加水か自然な度数落ちかの判断が難しい。それなりに長熟のニュアンスがあるが、具体的な年代が思い当たらなかった。蒸留所は、スペイサイドよりは北ハイランド系の方向性と感じられるが、どうもピンと来ない状態。

最終的には以下のとおりの推測となりました。

【予想蒸留所】 ①グレンモーレンジ ②グレンオード ③グレンカダム
【蒸留年】1980年代前半
【熟成年数】25年程度
【度数】40-43%

この内容でメールを送ったところ、正解は……

ストラスアイラ Strathisla 12yo (Offcial Bottle 40%)

なんと、現行のストラスアイラ12年でした。

なかなか良くリッチさも感じられる現行品ではないか? ということでの出題でした。確かに、ブラインドで飲んでもなかなかの評価でしたし、個人的に最近の現行オフィシャルはもっともっと若いアルコール感が強く出ているイメージがあったのですが、そんなことはありませんでした。

現行で12年ということは2000年代になってからということになりますね。蒸留所はもちろんですが、年代、熟成年数ともに全然見当違いになってしまいました。これはちょっと……。もう少し現行品も先入観無しで試してみないといけませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中