ブラインドサンプル from 銀牙さん (2014-09D)

銀牙さんからのブラインドサンプル、最後の4つ目です。

ブラインドサンプル from 銀牙さん (D)

香りはツンと来るアルコールの強さ、熟れた洋ナシ、メロン、草、ブーケガルニ、軽く土、微かに塩素、セメダインのニュアンス。

味わいは濃厚な紅茶、染みこむタンニン、フルーツトマトのような甘さと酸味が強い、パイナップル、ハーブ感と麦の甘さ、ミドルからミネラル感のあるブリニーさ、微かにミーティさもある、フィニッシュにかけてつよいスパイシーさとブリニーさが舌に残り、痺れるような残り味が心地良い。

【Very Good】

香りはアルコール感もありハイプルーフで若めの第一印象だったが、慣れてくると多彩なフルーツ感と、ハーブなどと共に塩素のような少しケミカルさもあるところが不思議な感じ。とはいえ、ケミカルさはごくごくわずかでマイナスには感じない。

味わいはアタックの濃厚な紅茶とフルーツ、そしてブリニーさがしっかりと主張しており、他にも様々なニュアンスが見え隠れていて全部を拾いきれないくらい多彩。アタックは弱いもののアルコール度数は高いように思える。

複雑さもあるが比較的短熟なイメージもあり、どの方向から考えたら良いのかが非常に迷う。複雑さとブリニーさ、フルーツ感からは昔の良いスプリングバンクなどがこのようなイメージもある一方、若い方向で考えると山崎のバーボン系の味わいでもこのようなものがありそうだと感じてしまった。オーナーズカスクなどだろうか。このあたりから予想を立ててみた。

【予想蒸留所】 ①スプリングバンク ②山崎 ③ミルトンダフ
【蒸留年】1990年代
【熟成年数】15年程度
【度数】52%程度

上記をメールで回答したところ、正解は……

image

Ireland 26yo 1987 (La Maison du Whisky “The Nectar of the Daily Drams" 51.6 %

アイリッシュ・ウイスキーの26年物でした。

というかこのボトル、先日飲んだ気が……。そして、回答を送った15分後に「あっ、そういえば!」と気づいてしまったという。いえ、負け惜しみなんですけどね……。(苦笑)

というくらい特徴的な香り、味わいがあります。独特のフルーツ感と、強い紅茶のような渋みも感じる滋味深さなどは、スコッチとは異なるニュアンスだと思います。自分も含めて3人の方がジャパニーズを予想に入れたとのことでしたが、皆さん、やはりスコッチとはどこか違うというのを感じているのだと思います。

今後、アイリッシュは需要も伸びて市場が大きくなることが予想されますし、そうなればこのようなボトルが沢山出てくるのでは、という指摘もありました。そうであれば嬉しいですね。願わくば、もう少し値段が控えめになって頂けると助かります(笑)

銀牙さん、4種類とも興味深いボトルばかりでとても楽しめました。ありがとうございました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中