ちょっとした実験をしてみました

image

一般的に、酒は揺らすとある程度変化が起こって味わいが丸くなっていく傾向があるようです。論文などで発表されているものもあり、超音波を使った熟成などを特徴としているものもあったりするのをご存じの方もいらっしゃるかと思います。

.

ウイスキーでも振動によって味が変化するとの話があり、気になっていたので試してみました。

image

image

写真のようにボトルを新規開封し、同じ容量の小瓶に分けて密封します。片方は冷暗所で放置。もう片方は、光は遮るようにした後にひたすら振動を加えるようにしました。主に通勤時にバッグに入れて揺らすなどの方法なので、超音波に比べると効果は薄いとは思いますが。これを3ヶ月ほど続け、その後1ヶ月は同じ冷暗所に放置。今回開封して比較してみる、という実験です。

モーレンジのアスターを選んだ理由は、以下のとおり。

・ハイプルーフの方がアルコールの会合? の効果が確認しやすいのではないかと考えた
・熟成年数がそこまで長くないので、まろやかさの確認がしやすいのでは?
・たまたまそこにあったので

さて、結論からいうと……。

自分には有意な差は感じられませんでした。

振動させた方が、ほんの少し口当たりが丸く感じるような気もしましたが、本当にごくわずかでハッキリとしたものではありませんでした。飲む順番を入れ替えたり、水で流したり流さなかったりいろいろと試してみましたが、やはりどれも変わらず、上記の結論となりました。

もう少し変化があるものかと思っていたのですが、ちょっと拍子抜けでした。直前まで振動を与えてから飲むと変わるのでしょうか? このあたりも試してみたいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中