グレンゴイン ハンドボトリング 16yo 1997-2014

Glengoyne 16yo 1997-2014 (OB Hand bottling “The Distillery Cask” #3135 55.3%)

香りはプラム、レーズン、メープルシロップ、ポピーのような赤い花のイメージ、軽くワックス、オイリーさが感じられる、リンゴのコンポート、微かにシナモンのニュアンス、カスタードケーキ、フルーツヨーグルト。

味わいは黒糖、メープルシロップ、ドライレーズン、プラムジャム、樽由来と思しき木のニュアンス、こなれた麦感、ミドルからハッカやシナモンなどのハーブ、紅茶、フィニッシュにかけてはハーブ感とジャム感が一体となって長めに後を引く。

【Good/Very Good】

2014年のスコットランド旅行の際に購入した、グレンゴイン蒸留所のハンドボトリング。バーボンホグスヘッドの16年熟成です。樽に書かれた"HOGGIE"というニックネーム(?)がなんとも面白いですね。

香りは酸味のあるフルーツ感と糖蜜の甘さ、花のニュアンスの3点が主体となってよく香ってきます。割と開けてから間もないですが、既にかなり開いている感じです。味わいは、黒糖などの甘さと噛みごたえのあるジャム感がメインで、そこにスパイス、ハーブのニュアンスが面白く加わっていてちょっと独特です。グレンゴインはあまり飲んだことがなく、あってもシェリーカスクばかりなのでハウススタイルがあまり掴めていないのですが、この変わったハーブ感が特徴だったりするのでしょうか。

熟成期間は16年とそこまで長くはありませんが、樽のニュアンスが結構しっかりとのっていて、こなれた麦感とあわせて考えるとちょうど良い時期にボトリングに出したようにも思えます。

このボトルは試飲をさせてもらって、割と出来が良いと思ったので購入しました。プレーンながら良い香り立ちだったのと、ちょっと独特のニュアンスが面白く、結構気に入っています。まだまだ開いて変化していきそうなので、今後の時間経過も楽しみです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中