ブロンズアラン 2000年 シェリーホグスヘッド

The Arran Malt “Bronze Arran” 2000 (OB Privaate Cask “Colours of Arran” Single Sherry Hogshead 54.9%)

香りはチョコレート、マーマレード、濃い色の柑橘類を連想させる、生乾きの木の実、ナッツ、メープルシロップ、木の樽、爽やかな草のニュアンス、少し若いアルコール感、時間が経つと火薬系のニュアンスがグラスに残る。

味わいはビターチョコ、アーモンドとその皮の部分、ピリピリとペッパー系のスパイス、ミドルからブラックコーヒーのカスのようなニュアンスとヌガー、若々しく荒々しいフィニッシュ。

【Good】

最近評判が徐々に良くなってきているアラン蒸留所、その中のカラーシリーズと呼ばれるシリーズ物の第二弾、ブロンズアランです。

全体的には若さが目立つものの、近年のシェリーカスクらしい味わいで、チョコレートに加えてアーモンドなどのナッツ系のニュアンスが特徴的でした。小ぢんまりとしていますが、良くまとまったシェリーカスクといった印象です。スパイシーさと木のふくよかなニュアンスで、アラン1997のシェリープライベートカスクとも近い印象があります。あれをもう少し荒々しくした感じでしょうか。

カラーシリーズは、オレンジアランが素晴らしい出来であったため、こちらも期待して購入しましたが、流石にあの内容には及びませんでした。が、近年のシェリー樽のシングルカスク、13年ほどの熟成でしょうか、その内容からすれば値段的にも求めやすく、気軽に付き合えるボトルだと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中