バランタイン 12年 1970年代後期流通品

Ballantine’s 12yo (OB Late1970s~1980s 750ml? 43%?)

香りは品の良いオールド香、プラム、蜂蜜、花のニュアンス、ミルクチョコレート、カラメルプディング、良い木の香りもある、微かにプラスチックのニュアンス。

味わいはチョコレート、バナナ、バニラアイス、トフィー、ミドルから木のタンニンの落ち着いた渋み、クローブ、樽感が程よく裏打ちしている、炭の屑、鉛筆の削った後のニュアンスがあるがマイナスには感じない。フィニッシュに掛けても落ち着いた木の感触が心地よく続く。

【Good/Very Good】

バランタイン12年の、これは1970年代後期~1980年代初頭に流通していたと思われるボトルです。モルト仲間のくりりんさんから頂きました。度数と容量の表記が無いのですが、彼の過去ログに詳細な解説がありますので、そちらを参考に。

香り、味わい共によく出来たオールドボトルではありますが、とりわけ香りの芳醇さが素晴らしいです。口開けでグラスに注いだ瞬間からあたりに良質のアロマが立ち込めてきて、かなりの期待が高りました。味わいも素晴らしいバランスで、バーボン樽と思われるバナナやバニラ系の甘さから、シェリー樽とも思われるようなチョコレート系の甘さまで感じられます。また、木の樽の香りが程よく出ており、落ち着いた渋みが味に深みを与えています。

評価としては、限りなく Very Good に近いと思いました。バランスが非常に良くて、スターターとして気兼ねなく行ける味わいです。1杯を掘り下げてじっくり味わっても良いでしょう。

前のゴールドシール12年がそこまで良い印象ではなかったので、このボトルも少し構えてしまったのですが杞憂でした。オールドボトルでも非常に良質なものを頂けました。感謝です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中