ロングモーン 38年 1972 G&M ケルティック

Longmorn 38yo 1972 (Gordon & MacPhail “Celtic Label” Cask#1078 1st Fill Sherry Butt 53.9%)

香りは桃、マンダリン、白桃、黄桃、サクランボなどのフルーツ感が凄い、全体を覆う高貴なシェリー感、軽く植物感と醤油のようなニュアンスもあり。

味わいは、マスタードのようなスパイス、リンゴのコンポート、黄桃、渋みがあるが柔らかく染みこむよう、微かにトマトケチャップ? 旨味がある塩気、フィニッシュにかけてまろやかな麦感とシェリー樽の味わいがしっかりと重なりあい、長く続く。

【Very Good】

GMケルティックシリーズから1972のロングモーン、38年という長熟ボトルです。

香りの最初から桃の印象が強く、サクランボなども感じるフルーツのフレーバーが良く出ていました。また、近年のシェリーカスクとは明らかに異なる高貴さも伴った香りは、やはり昔のシェリーカスクならでは、といったところでしょうか。若干醤油っぽさもありましたが、ほとんど気にならないレベルです。流石に長熟なためか、樽のニュアンスがかなり出ているためでしょう。

味わいはちょっと変わっていて、アタックに不思議なスパイシーさを感じたのですが、自分はこれをマスタードのようだと思いました。また、ミドルからトマトケチャップのような、旨味がしっかりのった塩気も感じ、勿論香り同様のフルーツ感もしっかりしているのですが、変わった味わいがあってそちらの方が印象に残りました。決してマイナスの要素ではなく、しっかり美味しいシェリーカスクのモルトに花を添えるような、複雑さを増している要素だったと思います。

ファーストフィルのシェリーカスクで38年となると、渋みが酷くて呑めたものではなくなってしまう樽もあると思いますが、このボトルはそんなことはなく、沢山の樽の中から選ばれたものなのでしょうね。特に香りはフルーツのフレーバーがしっかりと出ていてとても好みでした。

2011年のボトルということですが、今から考えるとこんなボトルがそこそこの値段で出回っていたということが信じられないくらいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中