ブラインドサンプル from くりりんさん

年明けに、くりりんさんから他のサンプルとともにブラインドのサンプルを頂きました。ありがたくも恐る恐るですが(笑)、しっかりテイスティングさせて頂きました。

image

香りは南国系のフルーツ、バタースコッチ、こってりした麦感、軽くメンソールやクローブのニュアンス、もったりとして湿り気のあるイメージ、少しピートのニュアンス、汗臭さ、ホコリっぽさ。

味わいはレーズンバター、軽くトロピカルなフルーツ、染みこむピート感、ほんのりサルファリーなタンニン様、ミドルからタール、ビターなカカオ、オイリーさのある程よいフィニッシュ。

【Good/Very Good】

90年代、20年程度の熟成、50%程度と予想。
軽くサルファリーなニュアンスもあり、シェリーカスクの影響が感じられるが、かなり薄いためバーボン樽とのヴァッティングだろうか。となると、オフィシャルが候補になりそうだが、あまりイメージがわかない。

軽めのピートにあまり潮の気配が無いことから、アードモアあたりが第一印象だが、フルーツ感はボウモアを想起させられる。湿ったニュアンスにリトルミルあたりが引っかかってきそうだが……。

1:アードモア、2:ボウモア、3:リトルミル

こちらの内容で回答を送った結果……

image

Edradour 10yo (OB 2014 Distributed 40%)

現行品のエドラダワー10年。オフィシャルのスタンダードボトルでした。

これには正直驚きました。まず、最初の香りで結構なフルーツ感があり、しかも軽く南国系を思わせるフレーバーですので、かなりの人が好ましい印象を受けると思います。そして、レーズンバター、バタースコッチといったバーボン樽の特徴に加え、ほどよいシェリー樽のニュアンス、薄くピート感もあり複雑で多彩な香味がバランスよくまとまっています。10年という若さを感じさせない仕上がりですが、加水による柔らかい口当たりが功を奏しているように思えます。

エドラダワーというと、昔はパフューミーな部分がありあまり良くないものとして認識していたのですが、最近はそれが無くなって良い仕上がりになったと聞いてはいました。しかし、わざわざ自分から買おうと思うことはなかったところに、今回のテイスティングでは常飲ボトルとして候補に挙がってくると感じています。というか早速、上記の写真の通り買いました。ほぼ同じ時期のロットのようで、味の傾向もやはり同じで安心しました。

全体的なモルトの高騰で手が出しづらくなる昨今ですが、オフィシャルのスタンダード・レンジでこれほど素晴らしいものを出してもらえるのはとても有難いと共に、他の蒸留所のスタンダード品についても今一度考えを改めてみなければならないと痛感しました。前印象に囚われることなく純粋に目の前のモルトと向き合う、ブラインドならではの結果が出たと思います。

くりりんさん、良いサンプル出題、ありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中