グレンロッシー 1988 ダンカンテイラー ショップボトル

GlenLossie 1998 (Duncan Taylor Shop only bottle 55.6%)

香りは桃、イチゴ、イチジクなどのベリー系、多彩なフルーツ感、少しオイリーなニュアンス、黒糖、軽くレザー感、こなれた麦のニュアンス。

味わいは度数の割にまったりとしたアタックで、缶詰の桃、イチゴ、クリーム感とあわさってフルーツケーキのよう、ミドルから紅茶感、クリームブリュレ、微かに青草のニュアンス、フィニッシュはやはりフルーツタルトの余韻が長く続く。

【Very Good】

こちらもモルト仲間の旅行みやげ。ボトラーのダンカンテイラーは、スペイサイドのハントリーにショップがあります。クライゲラヒやキースから東へ30kmほどの距離の町ですね。ここでは、ほとんどの蒸留所の原酒が統一されたラベルで売られています。90年代後半の原酒が主なので、近年のウイスキーを横断的に飲んでみたいという方には丁度いいのではないかと。

そんな中で彼が選んだのはグレンロッシー。マイナー蒸留所ですし、自分もそんなに沢山の種類を飲んだことはなかったのですが、このロッシーは自分の中ではベスト・ロッシーになりました。

まず香りのトップに桃とベリー系のフルーツ感がたっぷりと乗っていて、かなり期待しました。フルーツ感が強くて他のニュアンスが拾いにくいくらいなのですが、オイリーさや麦のニュアンスも奥に感じられました。そして飲んだ感じは香りの期待どおりのフルーツ感+クリーム感が合わさってケーキのようです。甘党な方にはかなり好みになるのではないでしょうか。飲んだ後の残り香にはリンゴと麹のような穀物感もあり、不思議ですが良い香りが楽しめました。

近年のマイナー蒸留所ということで普段はスルーしてしまいがちなのですが、改めて90年代原酒の堅実な味わいを感じることができました。さらにこのボトルは堅実さを飛び越えてかなりの出来に仕上がっています。流石のダンカンテイラー、といったところでしょうか。とても美味しいロッシーでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中