モルト持ち寄り会でのボトルたち 201504-2

引き続き、持ち寄り会でのボトルたちです。

image

Glenfarclas 30yo (OB around 1990′s 43%)

1990年代流通のファークラス30年。60年代~70年くらいまでのシェリーカスクは、現在主流のシェリー樽とはとは全く別物だということを再認識させられました。近年のものは原酒の若さなどもあるのかもしれませんが、尖ったところのない、生木っぽさが無い、ゆっくりと染みこんでくるような味わいが素晴らしかったです。

.

image

YAMAZAKI

1996-2011

Single Cask Whisky (OB Sherry Butt Cask#AX70015 59%)

山崎のオーナーズカスク、シェリー樽。山崎らしい粉っぽさを伴うダークなチョコレートのようなビッグなシェリー。昔のシェリーとは異なるけれども、生木っぽさは無く硫黄感も少ない。確かに美味いシェリー、という感じであり流石のサントリー。チョコ菓子との相性が抜群すぎます。太りますが……。

.

image

KAVALAN Solist Sherry Cask (OB 1st Lot 59.4%)

WWA 2015 で最高賞を受賞したカヴァラン蒸留所。これはそのボトルではありませんが、初期のロットのものだそうです。前述のサントリーのシェリーカスクと似た傾向を持っていて、樽の出処は同じボデガなのではないかという話でした。短い熟成のハズなのですが、この色、この味は本当に不思議です。

.

他にも色々なボトルを頂き、料理も美味しく、様々な話に花が咲く、素晴らしい持ち寄り会となりました。ありがとうございました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中