グレンゴイン 1968 ヴィンテージリザーブ 50.3%

image

GlenGoyne 1968 (Official Bottle “Vintage Reserve” 50.3%)

香りはしっかり熟したリンゴ、こなれた麦、透明感のある糖蜜、白い花を連想させるフローラル、つつじの花と蜜、おしろいの粉、微かにブーケガルニのようなハーブ感。

味わいはとてもやわらかいタッチから、リンゴジャム、少しアプリコットジャム感も、紅茶や煮詰めたリンゴジャム、凝縮感あり、返りにシナモン、ブーケガルニ、微かにゴマ、

しみじみ落ち着いた麦と糖蜜、樽由来と思しき木材様が引き締める。暖かく長いフィニッシュ。

【Very Good】

グレンゴイン蒸留所のビンテージ表記ありのシリーズから1968年蒸留のボトルです。

香りからしっかりと熟成感があり、角のない丸さが感じられます。香り味ともにリンゴのコンポートと紅茶をあわせたような部分と、おしろいの粉のような花っぽさと粉っぽさが感じられるところが個性的な部分でした。

この個性的な部分というのが、当日自分が持っていった蒸留所で買えるハンドボトルにも感じられ、これがハウススタイルなのかな、といったことを仲間と会話していました。1968のこのボトルは流石に円熟味があり、一方でハンドボトルはまだまだ荒々しい部分が見え隠れしていましたが、蒸留所の個性は60年代から2000年までしっかりと受け継がれているのだとしたら、これは嬉しいことですね。

美味しいモルトを呑ませて頂きまして、ありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中