バルヴェニー 13年 蒸留所限定カスクサンプル シェリーカスク

Balvenie 13yo (Warehouse No24 “Duty Paid Sample” Syerry Cask Cask#11270 59.6%)

香りは、アップルジャム、イチジク、ドライフィグ、ややオイリーなニュアンス、ビニル、ゴムのニュアンス、煮出した紅茶、雨に濡れた草木。

味わいはトフィー、カカオマス、若い麦感がしっかり、ブラックペッパー、ヒリヒリとした収斂味、鼻抜けにはバナナ様も、染みこむような草のニュアンスと刺すようなアルコール感のあるフィニッシュ。

【Good】

バルヴェニー蒸留所のメンバーシップ “Warehouse No.24” 向けの特別なツアー用カスクサンプル。こちらはシェリーカスクでした。

全体的にまだ若さの残るシェリーモルトで、ちょっと香りにビニールやゴムっぽい印象もありますが、ギリギリ許容範囲内といったところ。それ以外は全体的に近年らしいシェリーカスクですが、面白いのは、グラスに注いでから時間が経つと、駄菓子に共通するニュアンスが出てくるところです。なんだろう、コーンスターチ? このボトルも持ち寄り会で飲んでいたのですが、駄菓子で納得でした。麦感が似た系統の香りなんでしょうか。

ちなみに、熟成庫では23年物のシェリーカスクというのも試すことができました。こちらは残念ながら購入はできなかったのですが、しっとりと柔らかいシェリーカスクの味わいは近年のシェリー系とは異なる趣きでした。かなり美味しかったので、可能なら購入したかったのですが、交渉の結果もNGでした。残念……。

3本ともそれなりの出来ですが、スコットランド旅行の良い思い出です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中