オールド・プルトニー WK209 “Good Hope”

Old Pulteney WK209 “Good Hope” (OB for Travel Retail 46% 1L)

香りはキャラメリゼしたリンゴ、近年のシェリー香、チーズのようなニュアンス、ローストしたナッツ、少し溶剤、微かにゴム。

味わいは若いアルコール感、カシューナッツやアーモンドのようなオイリー感、リンゴ、ドライイチジク、安いコーヒーリキュール、フィニッシュにかけてややスパイシーだがそこまで強くはない。松脂のような、未熟感を伴った余韻。

【Good】

プルトニー蒸留所の免税店向けボトル、グッドホープです。2012年ころに海外に行った際のお土産として、3種類ほど買ってきたもののひとつです。

シェリーカスク熟成という、プルトニーのオフィシャルとしてはちょっと珍しい部類に入るこのボトルですが、ちょっと若さと近年の(擬似)シェリーらしいニュアンスが強く、全体としてはまとまりに欠ける印象が残ってしまいました。シェリーに期待するようなダークフルーツ感も少し乏しく、平坦な味わいです。個人的には、やはりプルトニーはシェリーカスクよりはバーボンカスクの方が合っていると感じます。

ハイボールにすると若さがフレッシュ感を、シェリーのニュアンスがコクを出してくれて意外とマッチします。この夏は結構ハイボールでお世話になったボトルでした。

ちなみにこの WKxxx シリーズは、港町にあるプルトニーらしく舟の名前からとられているそうです。WK209は1948年に製造された初期のトロール船だったそうです。

広告

オールド・プルトニー WK209 “Good Hope”」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: オールドプルトニー FLOTILLA ヴィンテージ | 酒は人生の妙薬

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中