余市 15年 1976-1991 プライベートボトル

DSC03179.jpg

Yoichi 15yo 1976-1991 (DB Private Bottle cask#126121 58%)

香りはほど良いシェリー感、煮詰めたリンゴ、プルーン、紅茶、麦感に少しセメダイン系、古びた家具、微かに獣脂や松脂のニュアンス。時間とともに徐々にバラ、植物の茎などのニュアンスが出てくる。さらに時間を置くと、鞣した皮、火薬。最後にオリエンタルなニュアンスも。

味わいは濃厚なアプリコットジャム、プルーン、ラム酒漬けのマジパン、微かに長熟の紹興酒っぽさも。滑らかでシルキーなアタックから始まるがボディが強くパワフルでオイリー、煮出した紅茶、ミント、獣脂、じっとりとしたピート感。フィニッシュにかけては火薬と強い木の香りが長く残る。

少量加水では木のエグみが強まる。多めの加水ではアプリコットと香木感がメインとなり良いバランスとなる。

【Very Good】

余市の1976年蒸留、1991年樽詰めの15年熟成ボトル。70年代の余市というのは、自分の知識の中にも全く無いスペックでした。

口開けのためか、時間とともに香りがかなり変化している気がします。最初はオイリーさなどはほとんど無くシェリーとフルーツ感が強めだったのですが、少し時間を置くとかなり多彩で複雑な香りが出てきました。どちらかというと華やかではないフレーバーなどもあり一辺倒ではないのですが、最後にはいわゆるジャパニーズらしい香りも出てくるところなどなどはとても面白いです。

味わいは、香りとも少し変わって濃厚なフルーツ感が強いです。スパイシーというよりはねっとりとしたボディで、ボトリング後25年経っているとは思えないほどパワフルです。軽いオールド感なのか、コルク臭でも無いのですが不思議な古木のような樽感とも言えそうな香りを帯びています。

とても個性的で多彩なフレーバーのボトルです。もう一つ上の評価の一歩手前という感じなのですが、開いてきたらまた変化する気がしていますので今後に期待しています。

 

さてこのボトル、とある酒屋さんで数年前に発見したものですが、こんなスペックのものが存在するということすら知らず、しかし強烈な魅力を感じて購入しました。聞くところによると、とある卸売業者の代表が混ぜものではないそのままの味わいを持つ商品をリリースしたいというオファーをしたところ、ニッカ(アサヒビール)がその意気に応えて特別にボトリングしたそうです。

91年といえばバブル真っ盛りではあったもののウイスキー需要は80年代後半からの落ち込みを受けて右肩下がり。しかしまだまだシングルモルト、シングルカスクなどは認知されていない時代だったでしょう。そんな中でこのようなボトリングの許可を出した当時の関係者がたには大きな冒険だったと思います。しかし、これまでの商品では売れない、という思いもあったのではないでしょうか。新しい分野を開拓していった走りになったボトルなのではないかと推測していますが、ちょっと勝手な妄想が入ってますね。

いずれにしてもそのボトルが今こうして手元にあり、およそ25年ほどの時間を経て開封されたということを考えても結構な奇跡かもしれませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中