バーンズ・ナイトは是非ハギスを

DSC05723

本日1/25はバーンズ・ナイト Burns Night でしたね。

スコットランドの国民的英雄な詩人、ロバート・バーンズを讃えて、その誕生日をお祝いするのがバーンズ・ナイトです。特に何をすると決まっているわけではないのでしょうが、たいていは夕食にハギスとスコッチを食べるのが風習のひとつとしてとらえられているようです。

スコットランドといえばハギス、そしてスコッチ、この組み合わせは鉄板ですね。

ハギスは見た目が良くないことや、作り方を知ると更にイメージがあまりよろしくないように感じられてしまうため、あまり好まれない(むしろスコットランド人以外は避ける)ということを聞きますが、自分は結構おいしいと感じましたよ。味付けも店によって結構異なったので、おそらく各家庭ごとにレシピも多々あるでしょう。クセの強いスコッチや、エールなんかにもぴったりです。

ちなみにスコットランドではハギスは缶詰でも売られているのですが、旅行客が肉の加工品を日本に持ち帰るのはNGとなっていますのでご注意を。ベジタリアン・ハギスなんてものもあって、確かこちらはOKなのかな? できれば是非現地で味わってみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中