持ち寄り会でのボトルたち in Jan-2016

久々に持ち寄り会をやりたいとつぶやいていたところ、あれよあれよと話が進み、R氏のお宅で10名ほどの会となりました。R氏には場所と料理まで提供頂きまして、本当に感謝です。

昨年後半はあまり会えなかったメンバも居たので、久々にお会いするとともにモルトも良いものがずらりと並ぶ素晴らしい会になりました。同じボトルを呑みながらあれこれ意見を交換できるのは本当に楽しい。場を共有することに価値があります。

 

DSC03221

GlenGrant 32yo 1972-2004 (John Milroy Ex Sherry Cask Vatting 51%)

【VG/Ex】

ミルロイのグラント、シェリーカスクの複数ヴァッティングもの。
とても濃厚なダークシェリーですが嫌味が殆どなく高貴なニュアンスが素晴らしい。70年代前半までの良いシェリーカスクらしさ、というべきでしょうか。香り、味ともにハイレベル。でもこれはボトル状態がそこまで良くなかったらしく、もっと素晴らしい香りになるんだとか。凄いですね。

 

DSC03229

GlenGrant 15yo (OB in 1980? 75cl 57% 100 proof)

【VG】

こちらはオフィシャルのグラント15年で、1980年代の流通品でしょうか? 品の良いシェリー感でやはり往年の良い味わいです。グラントはあまり蒸留所の個性のようなものがあまり出ないのでは、というような話もありましたが、確かにどちらかというとプレーンで樽の良し悪しがそのまま出ているような感じでした。あとはOBならではのヴァッティングで良く均されている感じです。度数は高いですが、経年もあるのかかなり落ち着いていて呑みやすい印象でした。

 

DSC03223

Yoichi 10yo (OB in 1995 43%)

【G/VG】

余市10年の初期ボトル。少し硬い印象はありますが、リンゴ感に透明感のある麦、じんわりとピートの下支え。決して華やかではなく、ある意味わかりにくいのですが、こういうタイプもゆったりと呑んで行くには良いですね。

 

後半に続きます。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中