ストレートのウイスキーに最適な温度は?

DSC06420

ワインに関する書籍を読んでいると、必ずと言って良いほど一度は出てくるのが「飲み頃の温度」。フルボディの赤は室温とか白は冷やしてとか、結構細かく書かれています。漫画なんかだと「温度が1℃違うだけでこんなに?!」的な展開はお約束ではありますが、実際、結構変わってくるものも多いのは事実だと思います。

さて、ではみなさん、ウイスキーを飲む際の温度はどうでしょうか。と書いてしまうと、ロックだったりお湯割りのホット・ウイスキーだったりと幅広くなってしまいますが、ここではニート(ストレート)の場合に限定します。

今の季節は冬です。自分の部屋は少し寒くて16,7℃くらいでしょうか。普通は20℃くらいだと思います。同じ室内で管理しているとして20℃くらいのモルトを飲むと、どうも少し硬くて香りの開きも悪い気がします。そこで掌でグラスを温めていくと、段々と香り立つようになり飲み口も多少まろやかになります。おそらく3,4℃は上がるのでしょうか。結構な変化を感じます。

夏場と冬場でも味わいの印象は変わりますが、同じ日でも温度の変化で味の印象はかなり変わってしまうと思います。そうなると、厳密に味の判定をしようと思うと、温度もしっかりと合わせていかないといけなくなってしまう、なんてことも考えてしまったわけです。一介の消費者がそんなに厳密にやったところでどうなるんだという話もありますが、例えば職業的にウイスキーを扱っている方々などにとっては重要なのではないでしょうか。

ウイスキーの種類によっても適した温度というのは変わるでしょう。ピートの効いたタイプはやや温度を下げ気味に、シェリー系であれば少し上げ気味の方が適している印象です。バーボン樽はどちらもいけそうです。蒸留所ごとの個性も関連しそうですね。オイリーなタイプか、ドライでシャープな印象のものか、それぞれの最適な温度というものがありそうです。

勿論、シチュエーションや季節、複数杯であれば順番によっても変わってきそうです。こうなってくるともはや無限の組み合わせになりそうですが、少なくとも法則としてはある程度は決まってくるのではないでしょうか。

何にしても、もし家でボトルで持っているのであれば、最初の印象があまり良くなかったとしても、温度を変えたりして試してみると新しい発見があるかもしれませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中