グレンファークラス 21年 1980年代後半流通

DSC03828

Glenfarclas 21yo (OB distributed in 1980s, 75cl, 43%)

香りはチョコレート、プラム、イチゴジャム、やや高貴なニュアンス、焦がした麦、紅茶、麦茶。

味わいは柔らかい麦の甘さや糖蜜から始まり、すぐにしっかりとした紅茶感に続く、ダークチェリーやイチゴのフルーツ感がしっかり、少しカラメル、ミドルから後味はドライ、クローブとブラックペッパーの刺激を伴いながらやや短めにすっと消える。

【Very Good】

グレンファークラス、オフィシャルボトルの21年で、このボトルは1980年後半の流通品です。

香りからやや高貴さを伴った良いシェリー感で期待させてくれました。口に含めばアタックは儚さがあるものの、うってかわってボディはしっかりとした輪郭があり、煮出した紅茶とイチゴやチェリーなどのフルーツ感が好印象でした。スッと流れて消えていき、残り香になんとも言えない往年のシェリーカスクの香りが残る、とても素晴らしいモルトでした。

このスクエア型のファークラスは15年、21年、25年があったようです。もう少し古くなるとラベルも変わるようですが、いずれにしてもオフィシャルでこの出来栄え、酒質に力があった頃の蒸留だったことでしょう。ボトリング後25年ほど経っていると思われますが、その間にこなれてきたこともこのボトルの味をより魅力的なものにしているのかもしれません。

このボトルは持ち寄り会でGbさんにお持ち頂きました。いつも貴重なモルトをありがとうございます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中