アラン 1997 17年 プライベート・カスク THE NECTAR向け

DSC03838

The Arran 17yo 1997 (OB “Private cask for THE NECTAR”, Sherry Hogshead Cask#1997/624, 47.3%)

香りは爽やかなマスカット、オレンジ、レモンソーダ、ミントなどのハーブ感、黒胡椒、微かにレザーのニュアンス。

味わいは品のいい甘さ、糖蜜、黒糖、奥にひっそりとマンゴスチンやパッションフルーツ系のトロピカルも感じる、ミドルからややスパイシーでドライ、樽由来の木のニュアンス、フィニッシュにかけても華やかなフルーツ感と甘さが続く。

【Very Good】

アランのプライベートカスクから、ベルギーのTHE NECTAR向けボトルです。

シェリーカスクなのですが、マスカットなど白っぽい爽やかさを感じるフルーツ感がメインで、ハーブ感とも相まってサッパリ系の印象でした。一方で味わいはギュッと凝縮した甘味と、奥の方に微かにトロピカルフルーツのニュアンスもあるように思え、まさに「ネクター」というイメージにぴったりのモルトです。トロピカル感はあまり強くはありませんが、最近の良いアイリッシュに出てくるものと同じ傾向の味です。一緒に飲んでいた仲間は疑問符がついたようなので、自分がそう思い込んだだけかかもしれませんが……。それはともかく、とても美味しいアランでした。

アランはプライベートカスクが主体かと思わせるくらいいろいろなところ向けに出しているようですが、どれも安定してレベルが高い印象です。蒸留所の復活から約20年、ここにきて技術の進歩と安定が実を結んでいるのでしょう。個人的には結構応援したい蒸留所です。次のスコットランド旅行の際には是非とも寄ってみたいですね。

このボトルは持ち寄り会にてGSさんにお持ち頂きました。いつもありがとうございます!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中