ハロッズ 特級 1970年代流通 ミニボトル

DSC04913

Harrods   De Luxe Blended Scotch Whisky (1970s~1980s, 86 Proof, 1/10 PINT )
香りは糖蜜、プレーンで綺麗な香り立ち、アンティーク家具、メンソール系のハーブ、りんごあめ。

味わいはべっこう飴、直後にザラついたエグみとピート、清涼感のあるハーブ感が強め、ザラメに少し醤油、アルコール感もあり結構パワフル、良いグレーンらしい伸びのあるフィニッシュ。

【Good/Very Good】

ハロッズはあの有名な百貨店のハロッズですが、そのブランド名を冠するウイスキーを出していたようです。というのは昨年のオールド・ブレンデッドの会などで聞いていたものの、しっかりと呑む機会がありませんでしたが、偶然にも小瓶で戴く機会に恵まれました。ハロッズの詳細についてはくりりんさんの記事が参考になるかと思いますので、そちらを参照下さい。

味わいは結構個性的な部分があり、普通のピート感ともまた違う独特のエグみのような部分がありましたが、あまり嫌なニュアンスではなく個性をつけている感じでした。また、特級表記とミニボトルということからボディが抜けている想定をしていたのですが、予想以上にパワフルでオールド香もほとんど感じられず、かなり良い状態だったと思われます。

どこの蒸留所がメインかと云われると自分には判別不能でしたが、ホワイト&マッカイが作っているということでダルモア、フェッターケアンあたりなのでしょう。エグみの部分はトミントール由来かな、とも思えました。

この小瓶もソニートレーディング扱いですが、通関番号などから1970年代末期か1980年代初頭くらいの流通品でしょうか。原酒はそこまで熟成年数があるものではなかったと思われますが、パワフルでしっかりとしたボディを考えると、やはり時代による酒質の差が出ているように思えます。

たまたまの頂きものでしたが、良いブレンデッドの味わいで勉強になりました。

DSC04914

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中