アラン プライベートカスク “オレンジアラン” 14年

DSC05642

The Arran “Orange Arran” 14yo 1998-2013  (OB “Colours of Arran”, Bourbon Barrel 1998/1139, 55%)

香りはネーブルオレンジ、ライチ、パッションフルーツなどの酸味のある良いフルーツ感、ねっとりと濃厚なプルーン、少し紅茶のニュアンス、メンソールを思わせる清涼感、微かにセメダインのニュアンス、時間経過でカスタードクリーム感も出てくる。

味わいは果汁の滴るブドウ、紅茶のニュアンスが伴いフレーバーティのよう ややもったりとして濃厚な口当たり、ライチ系のトロピカルフルーツ、少し薬品というか人工的なニュアンス、べっ甲の甘味とともにライチのニュアンスが残るフィニッシュ。

【Very Good】

アラン蒸留所が一時期リリースしていた “Colours of Arran” シリーズから、オレンジアラン14年。

心地良いフルーツ感と共に、バーボン樽なのですがリフィルシェリー樽にも通じるような紅茶やブドウのニュアンスもあるのが面白いです。もともと度数の高さもあまり感じさせない味わいですが、加水すると香りが良く開きます。味もベリーと紅茶のニュアンスが良く出てくるようになり、あまり崩れません。

 

このボトルが出回った2013年頃は、まだアラン蒸留所はそこまで注目されていなかったように思えます。様々なフィニッシュものやカラーシリーズが出ていたものの、「まあ(値段も安いし)悪くないよね」といった感じでした。それが、このオレンジアランはとても評判が良く瞬く間に話題になり、あっという間に市場から消滅。自分はたまたま酒屋で見つけたので1本購入することができました。

「アランらしくない」くらいにトロピカルフルーツなどの良い果実のニュアンスが出ており、良いカスクのベンリアックやロングモーンを髣髴とさせる味わいです。やや人工的なニュアンスもありますが、香り味ともにフルーツ感に溢れていて、口に含んだ瞬間に思わず顔がほころんでしまいました。

「アラン、やるじゃないか」と思わせてくれたこのボトル。そういえばこの頃から写真の様式のラベルに切り替わり、それ以来今もシングルカスクはこれと同じラベルが使われていますね。そして今のアランのプライベートカスクは、やはり良い物が多くリリースされていると思います。蒸留所再開から20年にして造りも樽の選定もしっかりとしたレベルの高さを感じますし、今後も楽しみな蒸留所ですね。何より、モルト高騰の昨今において未だ良心的な値段が多いアラン蒸留所。本当に助かると共に応援したくなります。

アラン島は風光明媚とも聞きます。アイラ島も良いですが、今度は蒸留所も含めてアラン島にも足を運んでみたいと思っています。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中