キャパドニック 1969 DT レアレスト・オブ・ザ・レア

DSC05998

Capardonich 41yo 1969-2011 (Duncan Taylor “Rarest of the Rare”, Cask#3250, 40.3%)

香りはグァバ、パッションフルーツ、乾いた草、ややアーシーで乾いたピート感、少しオイリーなニュアンス カルダモンやシナモンなどのスパイス。
味わいは粘土のようにねっとりとした飲み口から、ただれた果実、シロップ漬けのチェリーとオレンジ、奥にじっとりとしたピート、オイル感強め、藁灰、ややミルキーさとアーシーさが続くフィニッシュ。

【Very Good】

ダンカンテイラーのレアレスト・オブ・ザ・レアシリーズからキャパドニックの41年です。

香り、味共に過熟気味のフルーツ感が前に、じっとりとした塩気を感じない(アイランズ系ではない)ピートが奥に、それぞれ独特のニュアンスで交じり合っているようです。果実感が少し控えめではありますが、ブローラにも似た傾向のボトルではないかと思いました。

キャパドニックは閉鎖蒸留所でもありややマイナーでもあり、あまり飲んだことが無いところですが、このボトルは独特の個性があり1本抱えておけるなら是非欲しいところです。流石に今となっては手に入れることが困難かと思いますが……。他のボトルでも同じような傾向があるのかが気になるところです。

こちらは持ち寄り会でのアイアンマンKさんの持参ボトル。珍しいボトルをありがとうございました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中