ベンリアック 1975 東京BarShow向け

DSC06006

BenRiach 36yo 1975-2012 (OB for The First Tokyo International BarShow, Hogshead Cask#7228, 55.5%)
香りは白桃、魅力的なトロピカルフルーツ、ローズマリーのようなハーブ感、ヘザーハニー、少し味噌のようなニュアンス、奥に微かに海苔のニュアンス。
味わいは白桃、黄桃、パイナップルなどが交じり合う上質なフルーツポンチ、少し汗やワキガのようなセクシーなニュアンス、ドライトマト、甘味のある野菜のニュアンス、フィニッシュにかけても多彩なフルーツ感が素晴らしい余韻。

【Very Good/Excellent】

2012年東京バーショー向けのベンリアック1975、36年熟成です。

香り味共に魅力的なフルーツ感に溢れていて、南国フルーツあるいは桃のニュアンス満載のベンリアックといったらまさにコレ、という王道の味わい。香りだけでも多彩なため、いつまでもノージングしていたくなる素晴らしい香りでした。多くの人が求めるベンリアック像を叶えている、そんなボトルです。

ベンリアックといえば、2012年ころまでに同じようなシングルカスクが幾つもリリースされていたようなのですが、どういうわけか自分は全くその辺りに疎くて買うことがありませんでした。当日はちょっと雲の上の存在だったような印象で、もうちょっとしっかりリサーチしておけば良かったと後悔しています。

そんなベンリアックも、先日のビリー・ウォーカーによる蒸留所売却(所有者変更)で、今後のリリースがどうなるのか不透明な状況です。少なくともあまり良い方向には向かって行かないように思えるのですが、既に良質な樽はリリースされつくされてしまった気もします。

こちらも持ち寄り会でのボトルでした。貴重な経験、ありがとうございました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中