ラフロイグ 25年 2014年詰めカスクストレングス

DSC06009

Laphroaig 25yo (OB 2014 Cask Strength Edition, 45.1%)

香りは魚介の出汁、島ものらしいピート、ヨード、濃厚なグレープフルーツ、とても良い熟成感、少しピーナッツのニュアンスでオイリーさを感じる。
味わいは凝縮したグレープフルーツ、魚介出汁、やや和風で鮨のよう、少しニガヨモギやメンソール系の薬草感、フィニッシュは染み込むようなピート感とホワイトペッパーのニュアンスが長く続く。

【Very Good】

流石の長熟ラフロイグで、若々しさやフレッシュなニュアンスは感じない代わりに、しっかりと落ち着いた熟成感は高級感を演出しています。ラフロイグに期待するグレープフルーツ感、魚介のニュアンスも想像以上に濃厚で、口に含んだときの圧倒されるような幸福感が素晴らしいです。旨味がしっかり乗っている魚介の部分が、昆布締めの鮨のような印象を受けたのが面白かったです。

おいそれと手を出せるボトルではありませんが、最近のリリースのラフロイグでは最もどっしりとして恰幅の良さを感じるボトルでした。アイラ系は若いものもいい仕上がりのボトルが多いですが、やはりこういう長熟のものはそれとは一線を画する存在だな、と改めて思い知らされました。

こちらは持ち寄り会でのPさんの持参ボトル。いつも貴重なボトルをありがとうございます!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中