コンパスボックス フレイミングハート 5th

DSC06028

CompassBox “Flaming Heart” 5th (CompassBox, 2015, 48.9%)

香りは濃厚なチーズ、生ハム、レモンやグレープフルーツの柑橘系、レモングラスの葉、やや石灰のようなミネラル感。
味わいはスムースでリッチ、島系のピートとヨード、噛みごたえのあるレモン果汁、ミドルから樽のフレーバー、少しドライ、ヒリヒリとしたフィニッシュは程よい長さ。

【Good/Very Good】

コンパスボックス社がリリースするブレンデッド・モルト “フレイミング・ハート”。こちらは同社15周年記念のボトルで、以下の構成原酒を見ると確かに気合いが入っていると言っていいでしょう。

以下はM’s Liquar House より抜粋

・リフィル・アメリカンオーク・ホグスヘッド カリラ30年(27.1%)
・アメリカンオーク・ホグスヘッド再活性樽 クライヌリッシュ20年(24.1%)
・フレンチオーク混成バレルで2年寝かせたブレンデッド・モルト※(10.3%)
・リフィル・アメリカンオーク・ホグスヘッド カリラ14年(38.5%)
※ブレンデッドモルトの構成原酒はクライヌリッシュ7年、ティーニニック7年、ダルユーイン7年

飲んでみると、なるほど確かにこれはカリラです。しかし、他の原酒ともあいまってかなりの複雑さを兼ね備えた良いブレンデッドです。若い原酒の影響はほぼゼロで若さは感じないですし、ややライトタッチですが飲みごたえは十分あります。

とても良く出来たブレンデッドで佳酒なのだが、もう一歩が突き抜けないのはカリラらしいといえばカリラらしい(笑) でもそのあり方が良いんじゃないでしょうか。単体で30年のカリラを買うには厳しくなってきた昨今ですが、カリラの味を求めつつさらに複雑さをプラスで考えるならばこのボトルは大いに「有り」です。

こちらもボトルシェアで試させて頂きました。ありがとうございました!

compass-box-flaming-heart-15th-anniversary-whisky

Image via Master of Malt

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中