バルヴェニー TUN1401 バッチNo.4

DSC07857

Balvenie TUN 1401 Batch No.4 (OB 2012 bottled, 50.4%)

香りは高貴、アプリコットジャム、マーマレード、甘さの強いリンゴ、煮だした紅茶、おがくず、少し藁灰のニュアンス。

味わいはリンゴ、アプリコットジャム、遅れて黒糖、噛みごたえのある麦の旨味、少し松脂のニュアンス、鼻抜けにもアプリコットやマンダリンのフルーツ感、染みこむタンニンとフルーツ感満載のフィニッシュ。

【Very Good/Excellent】

免税店向けでリリースされていた、バルヴェニーのTUN 1401。全部で9種類のリリースがありましたが、そのうちのNo.4です。

シェリーカスク由来と思われるアプリコットやマーマレードのフルーツ感が、ノージングにも味わいにもしっかりと存在していて多彩で素晴らしく、紅茶のニュアンスもミドルでしっかりと引き締めてくれます。原酒の幅広さ故か、多層的な味の広がりはシングルカスクではなかなか出てこないものだと言えるでしょう。

芯はしっかりしていて骨太でフルボディ、でも様々な方向に広がりがあってとにかく懐の広い、そんなボトルでした。これは本当に美味しかったです。

免税店向け(トラベル・リテール)ボトルについては、WhiskyMagazineにも記事がありましたが、ここ10年ほどの市場拡大は目を瞠るものがあるようです。昔からそういったボトルは存在していたようですが、大半がブレンデッドだったのでしょう。しかしここにきてシングルモルトのブームから各蒸留所とも力を入れ、このTUN1401がリリースされていた2011~2012頃は免税店向けでも黄金期だったのかもしれません。TUN1401はどれも美味しいと聞いていますし、No.1~4あたりは特に美味しいということでした。(これまではNo.3だけ飲んだことがありました)

ここ最近は原酒不足からか、免税店でもNASばかりになってきた感もあり、通常の市場と同じような方向を歩んでしまっているのが残念ですが、まだまだ美味しい市場であるのでしょう。どこも専門の販売員で空港内を歩く人に勧めてまわっているのが良く目に入ります。

願わくば、こんなボトルがまた出てきて欲しいものですね。

持ち寄り頂いたKさん、ありがとうございました!

DSC07858

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中