月別アーカイブ: 2016年8月

スコットランド旅行とアイラ島について考える

 

DSC08640

今回のスコットランド旅行では、8年ぶりとなるアイラ島がハイライトだった。最初の海外旅行でアイラ島に行くという、ちょっとした冒険から早8年か、というちょっとした感慨に耽りながらの再訪は、いろいろな変化が目につくことになりました。
アイラ島は、2005年頃からはシングルモルトのブームとともに観光客がかなり増加してきた模様。自分が訪れた2008年頃でもかなりの観光客で賑わっていたが、今回改めて訪れてさらにその数は大きくなったことが良く分かった。風景は大きくは変わらないものの、整備された道路や街の様子を伺うと観光客向けに過ごしやすい場を作ろうとしていることがよく分かる。また、郊外の土地も荒れ地だったところを整備しているところも見られ、色々と環境を変えようとしているのが伺えた。

 

DSC08451
一方で、宿の少なさは相変わらずらしく、観光客が途絶えないことから値段もかなり上がっていた。正直言うと、かなり高い。8年前のほぼ倍の金額だった。それでも予約はいっぱいで、ふらっと行って空いているB&Bはほぼ皆無と考えて差し支えないでしょう。実際には島の外れの方であれば空きもあったりしたのだが、利便性など考えると微妙という結論になってしまった。

 

DSC08644
アイラ島の人口は3400人程度と云われていて、その数は10年前からほとんど変わっていないらしい。その中でもウイスキーに関連した生活をしている人は、実際にはそこまで多くはないはずで、中には静かな暮らしを望んでいる人も多いことと思う。最新号の Whisky World にもちょうどアイラ島特集で同じようなことが書かれていたが、あれだけの小さな島に大量に押し寄せる観光客という比率を考えると、ちょっと異常というかキャパシティオーバーとも考えられる。そういうアンバランスで危うい状況にあるということも考えてしまい、少し複雑な気分になってしまったのも事実でした。

 

DSC09298
一方で変わらないのは、アイラ島の人々の優しさ。B&Bの主人、蒸留所のスタッフ、レジのおばさん、パブのマスター。みんな親切だったし、いろいろと話し相手にもなってくれた。英語は聞き取りづらいこともあるけれども(笑)、自分のひどい英語にもちゃんと答えてくれたのは本当にありがたいです。

 
今後もアイラ島はウイスキーの聖地としてモルトラヴァーを受け入れていくのだと思いますが、何十年先になっても素晴らしいアイラ島を守っていくためには、訪れるこちら側のマナーに依るところが大きいでしょう。自分もまたいつか訪れたいアイラ島、そのためにできることは、マナーを守り善き旅行者であること、人として当たり前のことだけです。

今後のアイラ島の行く末に幸あらんことを祈りつつ、アイラ島とアイラ・モルトに乾杯。

DSC08448

広告

スコットランド旅行2016 8日目

2016/08/18 (木) 曇りときどき雨

全く起きることなく8時間睡眠。自分でも驚いた。

おそらく最後になるフル・ブレックファストを頂き、しかしこの日はやることがない。宿は決まっているので、荷物をまとめたり車を返したりと帰国の準備を済ませる。

 

DSC00466.jpg

少し考え、1時間弱のところにあるグレンケアンの工場へ。ウイスキーラヴァーなら一度は見たことがあるであろうグラスはここで作られているのだった。残念ながら工場内の見学はできなかったが、受付の女性がフレンドリーな対応で、ウイスキーとグラスのことについて色々と話をすることができた。アウトレット商品もいろいろと置いていた。さしずめ、日本だとカガミクリスタルと同じような位置づけにも思えた。

早めに宿に入り、荷物や撮りためた写真の整理。

あとはもう翌日の帰国を待つばかり。

 

2016/08/19 (金) 曇りときどき雨

帰りのフライトでは遅延があったりボトルが割れたりといろいろとトラブルはあったものの、とりあえず五体満足で無事に帰宅となった。割れたボトルについては残念だったけれども、1本のみだったのでまだましな方かと。

 

帰国の途はやはり大変で、また、旅行というのもやはり思った通りにいかないことも多々あり、帰るころには疲れてもう暫く旅行は良いかな、なんて思ってしまいます。

でも、またすぐにあの風景に会いたくなる。またスコットランドの空気に触れたくなる。

撮りためた写真や動画の整理をしていると、旅の楽しさや懐かしさが蘇ってきます。

スコットランドに限らずまだまだ行きたい場所はいろいろとあるけれど、今はもう少し、今回の旅行の余韻を楽しもうと思います。

DSC08938

 

 

スコットランド旅行2016 7日目

2016/08/17(水) 晴れ

特に予定も決めていなかったため、どこに行こうか迷う。とりあえず北上してオーバンに行こうといのは決めていたが……。そうだ、昨日写真を見かけたストーカー城というところに行ってみよう。オーバンからはちょうど1時間ほどの場所にあるようだ。

朝食は coop で済ませ、オーバンへ向かう。距離的には1時間ほどとなっていたが、途中から結構な山道になりかなり大変な道だった。とはいえ、車通りも少なく良い風景が続くので飽きることはなかった。

結局1.5時間ほどでオーバンへ到着。想像以上に大きい街だった。ここから様々な島へフェリーが出ているので、交通と観光の要衝になっているためだと思う。郊外の駐車場に停めてふらふらと街を散策しながら蒸留所へ。

 

DSC00433

オーバン蒸留所は街のどまんなかにあった。こんな場所にある蒸留所というのも珍しいのではないか。ショッピングやオフィスのような建物と隣接するような形。凄い場所にあるものだ。

ここもディアジオ系列なので写真は禁止になっている。説明は1時間ほどでスタンダードな内容。わかりやすいといえば分かりやすかった。面白かったのはスティルルームにあるコントロールパネルを見せてもらうことができたこと。Javaあたりで作られたシステムで蒸留所の全体が管理できるようになっているのが興味深かった。ソフトウェアの開発も自社スタッフなのか、はたまた外注なのか……。

操業するためのスタッフは7人ということで、自動化されているところではそのくらいなのだろう、といったところだった。

 

DSC00452
オーバンを後にしてストーカー城、そしてその後はグレンコーを通ってグラスゴー方面へ向かうことに。この日はピーカンもいいところで、気温はぐんぐん上昇。正直スコットランドでここまで暑くなるとは思っていなかったので、ちょっとバテ気味。それでも28℃ほどでしたが……。日本と違って湿度が低いので、風があれば結構涼しい。

グレンコーは相変わらずの素晴らしさだった。近くに宿がとれるなら一泊前提で散策をしたのだけれども、さすがに空いている宿は無かった……。とはいえ、ドライブするだけでも本当に素晴らしい光景に胸を打たれた。
その後、グレンゴイン蒸留所の近くで宿を探したのだがこれが見つからず。ハイシーズンだからか、B&Bが結構な確率で埋まってしまっていたのは少々予想外だった。仕方なく野宿を考えた後、食事しながらWi-fiが捕まったので探してみたら空港近くで宿を見つけてしまった。とはいえ、結果的にこれが正解だったようで、かなり疲労が激しくシャワーを浴びたらすぐに眠ってしまった。

スコットランド旅行2016 6日目

2016/08/16 (火) 晴れ

昨日は睡眠不足&疲労がたたったのか、夕食もcoopで買ってきたもので済ませ、早々に寝てしまった。久々に9時間ほど眠り、まだ少しだるさが残るものの概ね体調は戻った。昨日に引き続き素晴らしい晴れ。気温もほどほどで丁度良く、気持ち良い風に吹かれていたら調子が戻ってきた。

 

DSC00295

この日はキャンベルタウンでスプリングバンクとグレンガイルの2蒸留所をツアーで見学。ツアー開始までに少し時間があったので街並みを見てまわる。珍しく信号があるくらいの(分かる人には分かりますよね)発展した町で、そこそこ大きい規模だった。とはいっても日本の都市とは比べるまでもないのだけれども。塔や教会なども大きな作りのものが多く、こちらの基準では都会と言っても差し支えないくらい。

 

DSC00300

蒸留所ツアーではかなり細かく説明があり、とてもフレンドリーで質問にも色々と答えてもらえた。説明ボードも各所に設置されいていてわかりやすい。そして隠すこともないのだということだろう。最近の蒸留所は本当にオープンな感じ。

 

DSC00302

家族経営で続けてきたということと最古のボトラーであること、キャンベルタウンの蒸留所は私達が守るという誇りがあること、といった言葉が何回か聞こえた。なるべく昔ながらの製法を続けていきたいという思いもあるようで、フロアモルティングもまだ続けているし、各所の作り方にもこだわりがあるのだということがよくわかった。

 

DSC00367

グレンガイルは、今年ようやくキルケラン12年がリリースされたくらいなのでまだまだ新しい施設だったが、ポットスティルやスピリットセーフは Ben Wybis から持ってきたということでそこは使い古された機材だった。外壁もまだまだ新しく白い壁が青空によく映えていた。

 

DSC00378

ツアー終了後は別の特別ツアーで、倉庫内の樽から直接サンプリングしてボトル購入。やはりシングルカスクをその場で詰めるというのはある意味ロマンがある。もちろん内容もしっかりしたものばかりで、ケイデンヘッドが抱える原酒の幅広さが伺えた。それはもちろんショップに並んでいたボトルを見ても同じで、日本でもお馴染みのスモールバッチシリーズは幅広く蒸留所を網羅していて、しかもどれも良心的な値段だった。日本で売られているものもそうでないものもあると思われるが、どれがどれだかわからないくらいたくさんあったのでもはや覚えられなかった。

90プルトニーの25年ものというのが破格でリストアップされていたのだが、残念ながら売り切れてしまったようだ。プルトニー好きとしてはぜひ欲しかった……。

 

DSC00399

Tarbert まで戻って来たところで、少し早いが宿に入る。2日目に夕食を食べたレストランへまた来たかったがため、といったところなのだが(笑) この日も大満足だった。注文したメニューの食材などがほぼ被っているということで別のものをおすすめしてくれたり、ホールスタッフは結構気が利いていたのも好印象。隣の席のビッグ・ガイが注文していたシーフード・プラッターが運ばれてきたときなどは笑いが隠せなかった。流石に良い値段してたけれども。DSC00405

 

アイラにフェリーで行く前後には、タイミングが合えばここをまた利用したい。

スコットランド旅行2016 5日目

2016/08/15 (月) 晴れ

朝食を終えた頃から景気よく晴れた。アイラ島では珍しいくらいの抜けるような青空。天気が変わらないうちにと、急いでラガヴーリンまで向かう。

DSC09752

この日の午後にアイラ島を離れることになるが、午前中にラガヴーリンのウェアハウスツアーに参加。その前に青空をバックにラフロイグとラガヴーリンの姿を撮影。考えていた絵が撮れたのでとても満足だった。

 

DSC09991

DSC09986

10時半にツアー開始。イアン・マッカーサー氏はとても小柄な人だったが、よく通る声と愛嬌たっぷりの会話がとても楽しい。ツアーではシングルカスクをヴァリンチで直接樽から取って呑めるという、ファン垂涎のアトラクションだった。

DSC09992

18年と34年が抜きん出て美味かった。特に34年は別格。素晴らしいというしかない。

どちらもリフィルのバーボン系。14年や23年はシェリー樽でちょっとちぐはぐな味わい。ラガヴーリンはシェリー系とはあまり相性が良くないのではという印象だった。もっとも、1st fillでは長熟には向かないだろうし、パンチョンのような大きな樽で影響を少なくゆっくりと熟成させたものが美味しくなるのかもしれない。

 

その後はボウモアでハンドフィルのボトルを購入。No.1ウェアハウスで、ヴァリンチを使って直接樽から抜き出す仕組みだった。自分でやるのは初めてだったのだが、話に聞いていた通り、これが結構難しくて結構な量をこぼしてしまった。もったいない&時間がかなり掛かるので、経験としては凄い嬉しいのだけれどももう少しやり方を考えたほうが良いのではと……。

ちなみに10年のワインカスク熟成とのこと。若さはあまり感じなかったので悪く無いと感じた。

 

DSC00279.jpg

いよいよフェリー出港の時間。3泊もしたが、終わってみればあっという間だった。やはり素晴らしかったアイラ島、また今度来れるのはいつになるかわからないが、スコッチの聖地、また絶対に訪れたい場所だ。

ポートアスケイグからフェリーで本土に戻り、一路キャンベルタウンへ。明日はスプリングバンク蒸留所を訪問する。

 

DSC09987

それにしても、シングルカスクというのは本当に凄いものなのだな、と改めて気付かされた。同じラガヴーリンでも樽によって本当に個性的だし、どれひとつとして同じ味のものはないのではないかと。その中から美味しい樽を選び出すというだけでも大変なことだし、さらにその樽を複数混ぜて「蒸留所の味」を出さなくてはならないというその仕事は、本当に大変なものだと感じた。

シングルカスクも選ぶ人がいてこそだし、シングルモルトもブレンダーがいてこそ。ウイスキーは樽で決まるといわれ、そこに人の手はほとんどかからないと思うこともあったが、最終的に我々の前に出てくるためにはたくさんの人の手がかかっているのだと改めて思い知った。

 

スコットランド旅行2016 4日目

2016/08/14 (日) 曇り

昨日のうちに、朝食はキッパーがあればお願いしていたのだが、残念ながら手に入らなかった模様。というわけで今日もフル・ブレックファスト。同席した他の宿泊客が「English Breakfast」と言ったら、「No. Scottish Breakfast」と言われてみんなで笑ってしまった。

 

DSC09337.jpg

今日はまずアイラ島南西部に広がる岬 Mull of Oa へ。ここは以前来た時のお気に入りの場所だったのでぜひまた寄りたかった。小一時間ほどのトレッキングコースだが、見渡すかぎりの荒涼とした場所に、モニュメントだけがひっそりと佇んでいるという。この世界はまるで「ワンダと巨像」のフィールドのような、ファンタジーRPGの世界のような、そういう世界にいる気分にさせてくれる場所。

DSC09346.jpg

 

しかし今日は気温が高めだったからか、「ミジー」と呼ばれる羽虫がどこも大量発生。日本の羽虫と違って、邪魔なだけではなく噛み付いてくるらしくあちこちでピリピリと不快な感覚が。蚊はいないのだが、その代わりともいうべきこの羽虫、立ち止まるとどこからともなく集まってくるので、常に歩き続けていないといけない。写真を撮るのが大変だった。

 

DSC09489

戻ってきたあとは暫くポートエレンの町をまわり、その後はブナハーブンとカリラへ。ブナハーブンへと至る道はこんなに厳しい道だったかと舌を巻いたが、遠くに見えるジュラ島の景色が素晴らしかったため帳消しな気分に。

カリラもショップのみをひやかして、写真を撮っているといつの間にか時間が経っていた。カリラ、ブナハーブンのショップではこれといって買うことはなかったが、気になるボトルやちょっとした発見があって面白かった。
アイラ島最後の夕食は豪勢に行こう、と思っていたのだが、あいにく日曜日は牡蠣を獲っていないようで、念願のアイラオイスター&ボウモアのペアリングを試すこと叶わず……。初日に食べておけば良かった……。

DSC09533.jpg

代わりではないが、スモークサーモンのプレートと地元産のエビを。スモークサーモンは良い燻の香りがあり、ボウモアなどのモルトにもぴったりの味だった。

DSC09539.jpg

エビは殻のまま揚げてあり口の中が少々痛くなったが、ガーリックオイルの風味が香ばしくてこちらも素晴らしい。
夕食を終えると21時頃、ちょうど日の入りで街全体が青みがかった時間。ふとボウモア蒸留所を見てみようと行ってみると、外はライトアップされてどうやら操業を始めているらしい(夏の休止期間だった)。ボウモア・ナイトフライのような写真が撮りたかったのでこれはチャンスとばかりにシャッターをきった。

 
P.S 蒸留所を眺めながらボウモア片手に葉巻を吸っている女性がいて、その姿はやたら似合っていた。良い時間の過ごし方だなあ。

スコットランド旅行2016 3日目

2016/08/13(土) 曇り後ときどき晴れ

DSC08658

今日も変わらずフル・ブレックファスト。昨日の宿よりもベーコンの塩味はきつくない。そしてナッツ入りのパンが美味い。普段パンは食べないのだけど、こちらのパンは素朴だけどしっかりとした味で美味いからたくさん食べたくなる。

 

今日は午後3:30からラガヴーリンのツアーに参加予定のため、午前中は北側をまわる。北西の端、ポートナヘイブンへ。小さい入江に白い家の壁が綺麗な場所。まだときどき雨がぱらついていたが、少し天気が回復してきているようで、青空が見え始める。今日の天気は期待できそうだ。

 

DSC08681
ブルイックラディとキルホーマンを訪問。ラディではヴァリンチがあったものの、試飲させてもらったがあまりピンと来なかったので見送り。ピートは若さを救うけど、やり過ぎは良くない。

 

DSC08705

キルホーマンは、相変わらずよくぞこんなところに建てたと言いたくなる立地だが、それでも訪れる人がそれなりにいるのが凄い。各所で Authorizd only の文字が見えるが、そんなことはお構いなしに鍵もかけていないところがアイラ島らしい。もちろん、人の善意でてきている。宿も、鍵の管理はかなりずさんだけど、日本の良き田舎社会みたいで良いじゃないか。

そういえばネズミを見た。本当にいるもんだ。麦を狙っているのだろう。ネコは見かけなかったが、キルホーマンでも飼っているのだろうか。

DSC08713
キルホーマンへの行きは雨に振られたが、帰り道ではいきなり晴れていた。わずか30分ほどで天気がころころ変わる。空を見ると、この後は少し晴れの時間が出てきそうだったので、急いで南へ向かう。

 

DSC08729
ポートエレンへの道すがら、ピート採掘地があった。ラフロイグが自身のために使っている場所もあり、こちらは看板付き。

この季節、ちょうどヘザーや他の花も満開となるようで、紫色に色づいた場所をそこかしこで目にした。ピート採掘地の上にもヘザーが咲いていて、これが長い年月を掛けてピートになっていくのだということがよく分かる。

 

DSC08743
ポートエレンに着く頃には空一面に青空が。家々の白い壁に空の青が美しい。そのままラガヴーリンまで急ぐ。晴れているうちに蒸留所の風景を撮りたかったのだ。なんとかギリギリ間に合ったものの、少々もたついてしまったため、うまく撮ることができなかった。残念。

本当にアイラ島は天気の移り変わりが激しくて、晴れ間は30分もすれば消えてしまう。風上を見てなんとか予想はするものの、5km離れていれば別の天気になることも多く、なかなかうまくハマってくれない。難しい。
そうこうしているうちにラガヴーリンのツアーの時間に。ガイドの人がちょっと早口で聞き取るのがやっとだった。英語ネイティブだけでなく、スイスとかフランスの人もすんなり英語で会話できているし、凄いな。どうしてもああいう軽い受け答えなどができない。

ラガは規模が大きい。そしてほとんどが機械制御で自動化されている。ツアー中も稼働していたが、マッシュタンからポットスティルまで、ひとりで動かしていた。200周年記念でいろいろなところを改修したり塗りなおしたりしたようで、全体的に綺麗になっていた。
DSC09044

最後にアードベッグの先にあるキルダルトン寺院へ。寺院廃墟とハイクロスが残されているこの場所も、それなりに訪れる人がいる。本当に小さい場所だけれども、悠久の歴史を感じる。また雨がやってきた。早々に立ち去ることにした。