蒸留酒と醸造酒、酔い方の差

DSC07864

私は良くウイスキーを飲みます。勿論それ以外にもビール、日本酒、ときどきワインや泡盛、コニャックなどもあり、アルコール類全般好きですので、シチュエーションに合わせて色々と飲んでいます。でもやはりメインはウイスキーで、コニャックや泡盛など、どちらかというと蒸留酒の方が好みのものが多いです。

 

これまで色々と飲んできましたが、大きく分けて蒸留酒と醸造酒、このふたつは酔い方が大きく違うな、と思うようになりました。

 

ビールだけの飲み会や日本酒だけの飲み会というものもありましたが、どうも身体がずーん……と重くなる酔い方なんですよね。頭のあたりはそうでもないのですが、腹というか内臓が重くなる酔い方。

 

対して、ウイスキーだけの会などでは身体はかなり軽く、頭だけが酔っている感覚です。ふわふわと浮いているような酔い方で、気持ち悪さなどはほとんど無いという。
面白かったのは、ウイスキー仲間で日本酒の会をやったときのこと。最初に日本酒を飲み進めていって、上記のようにずーんと沈んだ酔い方になりみんなちょっと酔疲れてきました。っそこでウイスキーに切り替えたら、これまた皆同じように酔いが軽くなっていったということがありました。元々ウイスキー好きということもありますが、「やっぱこっちだなあ」という言葉が印象深かったです。

 

この2つの違いがなぜなのかは説明できないのですが、糖類が残っている醸造酒はその消化にかなりのパワーを使うのではないでしょうか。胃腸や肝臓などへの負担が、蒸留酒よりは大きいように思えます。

 

私は最近ビールなどで結構下手な酔い方をしたことがあり、気持ち悪さだけが残ってしまって残念な気持ちになったりしたこともありましたが、ウイスキーなど蒸留酒ではそういうことがほとんどないのですよね。単純に眠くはなるのですが(笑)

 

というわけで、蒸留酒が好きな理由はこんなところにもあったりします。勿論、味や香りなど他の酒では味わえないところも魅力的なのですが。

 

人によって受け付けないアルコールというのは違うと思いますが、こういう酔い方は結構共通なのではないでしょうか。という話を、私のウイスキー仲間たちと話していたのでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中